よろしければこちらもご覧ください

セブン&アイ・ホールディングスは11月1日、セブンネットショッピングやロフトなどグループ企業8社を横断する通販サイト「omni7(オムニセブン)」を開設する。セブン&アイは2018年にオムニチャネルによる売上高1兆円をめざしており、新サイトの開設はオムニチャネル強化の一環。

「omni7」の特徴は、コンビニエンスストアや百貨店、スーパー、専門店などのグループ企業8社の通販サイトを横断的に利用できること。「omni7」に参加するのは、セブン‐イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武、ロフト、赤ちゃん本舗、セブンネットショッピング、セブン&アイ・フードシステムズ、セブンカルチャーネットワーク。

セブン&アイがグループ企業の通販サイトを横断的に利用できるようにするサイト「omni7」を開設へ

「omni7」のECサイトのイメージ

リアルとネットを連動したオムニチャネルサービスを展開する。主なサービス内容は次の通り。

  • 留置きサービス拡大
  • 店舗での返品・返金サービス、
  • 店舗でのお急ぎ受取りサービス(関東1都6県、約7000店)
  • 店舗への365日配送(関東1都6県、約7000店)
  • 店舗での接客端末による御用聞き(当初は6000店、順次拡大)

全国に約1万8000店を展開するセブン-イレブンの店舗を利便性の高い生活拠点にする方針。商品の受け取りや返品・返金などのサービスを実施していく。

「omni7」はオリジナル商品を中心に、2018年度には約600万品目の品ぞろえをめざす。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint メルカート
[スポンサー]
株式会社アイル 株式会社電通デジタル