千趣会は9月29日、新ブランド「BELLE MAISON DAYS(ベルメゾンデイズ)」を開始すると発表した。これまでは、委託生産(OEM)で商品を調達し、販売する仕組みだったが、新ブランドでは、すべての商品ではじめて製造から販売まで一貫して行うSPA型ビジネスモデルを採用。顧客のニーズに対応した商品を自ら作っていくとともに、商品利益率を高める。今後、同社の基幹ブランドに育てていく考えで。初年度(2015年9月~12月)に26億円、2年目となる2016年12月期は250億円、18年12月期には400億円の売り上げを見込む。

新ブランドのテーマは「毎日を、ていねいに、しっかりと積み重ねる」ベーシックでシンプルな商品を取り揃え、「ベルメゾンのど真ん中に当たる商品ブランドとなる」(田邉道夫社長)としている。ターゲットは30代~40代前後の女性。

アウター・服飾雑貨などのアパレル全般を展開する「WEAR」と家具・キッチン用品・寝具などインテリアや生活雑貨を展開する「HOME」を展開。商品構成比率は「WEAR」と「HOME」がそれぞれ半々で、衣料品の構成比率が高いのが特徴。当初は400型から開始し、16年貼るには800型を追加投入する。18年12月までには2000型程度にまで拡大させる考え。

中心価格帯は「WEAR」においては1980円と2980円の買いやすい価格帯に設定する。低価格商品を展開しない。

商品をただ安く販売するだけではなく。お客さまが求めているものを感じ、それを具体的にする技術を磨く取り組みとして、新ブランドを開始する(田邉道夫社長)。

「ベルメゾンデイズ」で販売する商品

9月から新ブランド専門のECサイトを立ち上げ販売していくほか、10月発刊のファッションカタログ「ベルメゾンファッション 2015冬号」とインテリア雑貨カタログ「ベルメゾンすむとこ 2015冬号」の巻頭特集にて一部商品の掲載、今後カタログにおいても専門のカタログを作り販売していく考え。

また、イオンモールやイトーヨーカ堂などの店内に展開する約20店の実店舗や、資本業務提携しているJ.フロントリテイリングの店舗での販売も行っていく。実店舗での販売が軌道にのれば、ベルメゾンデイズブランドの単独店舗も新たに作り、オムニチャネル展開を強化していく考え。

実際に手にとって見てもらえれば、いい製品だということが伝わると思っている。そのため、オムニチャネル推進の観点からも実店舗での販売を強化していきたい(田邉道夫社長)。

このほか、10月からは「ベルメゾンデイズ」のTVCMを積極的に投入するなど大規模な販促を行う予定。まずは新ブランドの認知度向上を図る。

会見で新ブランドを発表する千趣会・田邉道夫社長
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム