ワイシャツのECサイト「ozie(オジエ)」を運営する柳田織物は6月11日、初のショールームを東京都港区内にオープンした。ネット通販では実現できなかった商品の閲覧や試着サービスの他、店頭在庫のない商品をその場でネット購入できる仕組みを提供。実際にユーザーとコミュニケーションを図る場としても活用する。

ショールームを開設したのは東京都港区の六本木1丁目。ECサイトでは4000種類以上のシャツやネクタイなどを販売しているが、ショールームでは新作を中心に、一部のシャツやアクセサリーを展示。在庫のない商品やサイズは予約することが可能。ショールームに設置したパソコンやタブレットから注文し、自宅に直送することができる。

柳田織物が東京都港区内に設置した初のショールーム

柳田織物が東京都港区内に設置した初のショールーム

ショールームを開設したのは、ネットショップだけではサイズ感・素材感が分かりずらく、購入時の不安材料となっていたため。「直接手に取って見たり、試着ができるような店舗はないのか」といった問い合わせが多く、そうしたユーザーからの要望に対応した。

新設したショールームは「商品を見て、触れて、購入もできる」場所として展開。顧客と触れ合う機会を増やす取り組みとして、ファッション関連のセミナーも開催する。

柳田織物は1924年創業で、メーカーや卸など業態を変えながら90年に渡ってシャツ作りに携わってきた老舗企業。EC開始は2002年。自社サイトの他、モール店も展開している。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]