よろしければこちらもご覧ください

後払い決済提供のネットプロテクションズは6月23日、「インターネットショッピングに関する意識調査」の調査結果を発表した。インターネットショッピングを利用する際に不安を感じるという人の割合は59.0%で、一昨年比で13.1ポイント増加している。

同調査は、最近6カ月以内にインターネットショッピングを利用した20代以上の2064人を対象として4月25日~26日に実施。同社は2010年から隔年で同調査を実施しており、今回で3回目となる。

ネットショッピングに不安を感じていると回答した人にその理由を聞いたところ、最も多かった理由は「クレジットカード情報が流出する可能性」。2位には「個人情報が流出する可能性」、3位には「代金を振り込んだにもかかわらず、商品が届かないかもしれない」が挙がった。2012年に行った調査時と項目、割合ともに変化はない。

ネットプロテクションズでは「最近、再びECサイトから個人情報が流出したというニュースが増えているほか、中国人による偽サイトの運営が増えているという報道の影響で、不安が高まっているのではないか」(広報担当者)としている。

ネットショッピングを利用する際に不安を感じるかどうかの回答結果

また、トラブル回避のために73.1%の人が対策を行っているという。具体的な対策は「購入者の口コミを確認する」(51.1%)、「サイトの安全性表記(SSLなど)を確認する 」(26.4%)、「クレジットカードでの決済を控える」(14.4%)となっている。

不安が高まっていることにより、商品受け取り後に代金を支払うことができる「後払い決済」を利用したいというニーズも高まっているとしている。

普段利用している決済手段と利用したい決済手段
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム