博報堂DYメディアパートナーズはデータマイニングのブレインパッド、ダイレクトメール(DM)ソリューションの福島印刷と共同で、マーケティングオートメーションシステムを活用し、顧客ごとにパーソナライズしたDMを自動発送する「バリアブルDM連携ソリューション」の提供を7月28日に開始した。

「Eメールが開封されない顧客に対してはDMを自動発送し反応を促す」といった施策を行い、顧客ごとに最適なコミュニケーションを行うことが可能になる。

「バリアブルDM連携ソリューション」はマーケティングオートメーションシステムと連携。画一的な内容になる傾向のあるDMで、顧客の関心や反応に応じてコンテンツを最適化する。メールの閲覧状況などを見ながら、DMの配信を行うこともできるようになる。

ブレインパッドが提供するマーケティングオートメーションシステム「Probance Hyper Marketing」にのみ対応。利用するには「Probance Hyper Marketing」の導入が必要になる。

「バリアブルDM連携ソリューション」概要
この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]