リクルートマーケティングパートナーズが運営するマタニティやベビー用品などの通販サービス「赤すぐnet」は、中国向け越境ECに参入する。

中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform(ワンダフルプラットフォーム)」を運営するInagora(インアゴーラ)と出店契約を締結。8月1日から、中国人向けのライフスタイル提案型ショッピングアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」で商品販売を始めた。

「ワンドウ」は2015年8月のリリース以降、ユーザー数は100万、1日の最高注文数は5000件を突破した。取扱商品数は3000SKU超。ファッションや美容化粧品、日用品、食品などを取りそろえている。

運営は中国向けの越境ECプラットフォーム「ワンダフルプラットフォーム」を活用する。インアゴーラの運営チームが、翻訳、物流、決済、マーケティング、顧客対応などの作業を代行。リクルートマーケティングパートナーズは商品とその情報を提供するモデルで、中国マーケットに進出する。

リクルートの「赤すぐnet」、中国向け越境ECに参入。ECアプリ「ワンドウ」に出店

「ワンダフルプラットフォーム」を活用した中国向け越境ECスキーム

中国では一人っ子政策が廃止され、“第二子ブーム”の到来が期待されている。リクルートマーケティングパートナーズとインアゴーラは、「赤すぐnet」の商品販売を通じて、中国のユーザーに良質なライフスタイルを提案していくとしている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム