現在地

楽天は7月1日付けで合併する完全子会社のケンコーコムと爽快ドラッグの新会社の商号を「Rakuten Direct株式会社」とすると発表した。

新会社の代表取締役社長には、爽快ドラッグ社長の小森紀昭が就任予定。

ケンコーコムを存続会社とする吸収合併方式で、爽快ドラッグは消滅する。

「Rakuten Direct」は、生活用品や日用品を取り扱うECサービスを提供。合併によって、物流インフラや情報システムの効率化、販売商品の拡充を徹底し、顧客サービスの向上をめざすとしている。

楽天傘下のケンコーコムと爽快ドラッグの合併会社は「Rakuten Direct株式会社」に決定

存続会社となるケンコーコムのECサイト(画像は編集部がキャプチャ9

楽天は2012年にケンコーコムを連結子会社化し、2015年に完全子会社化を目的とした株式公開買付を実施。2016年12月には爽快ドラッグを約89億円で買収した。

爽快ドラッグを買収する際、ケンコーコムとのシナジーとして物流インフラの強化やシステムの効率化、経営リソースの最適化などが見込めるとしていた。

所在地は、福岡県福岡市中央区天神1-15-6。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社