日本国内の消費者向けEC市場は16兆5054億円に拡大(前年比9.1%増)。EC化率(物販系分野が対象)は5.79%(同0.36ポイント増)に伸長。スマートフォン経由の物販ECは3兆90億円に――。

経済産業省が4月25日に発表した2017年の「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」によると、引き続きEC市場が堅調に拡大している。

2017年における日本の消費者向けEC市場規模は前年比9.1%増の16兆5054億円。ECの浸透度合を示す指標であるEC化率も同0.36ポイント増加して、5.79%まで上昇した。

BtoC-ECの市場規模およびEC化率の経年推移

BtoC-ECの市場規模およびEC化率の経年推移(経産省の資料から編集部がキャプチャ)

報告書では、2019年10月の軽減税率対応(消費税率の変更)、2020年7月の東京オリンピック開催に言及。「社会全体に係わる催しが、BtoB-EC市場の拡大に向けて大きく影響を及ぼす可能性があり、今後、期待感を持って注視していく必要がある」としている。

分野別では最もプレーヤーの多い物販系ECが8兆6008億円で前年比7.5%増。ホテル予約などサービス分野系は同11.3%増となる5兆9568億円。デジタル分野が同9.5%増の1兆9478億円。分野別の構成割合は物販系ECが52.1%、サービス分野が35.4%、デジタル分野が11.7%。

BtoC-EC市場規模および各分野の構成比率

BtoC-EC市場規模および各分野の構成比率(経産省の資料から編集部がキャプチャ)

BtoC-EC(物販)におけるスマートフォン経由の市場規模

BtoC-EC(物販)におけるスマートフォン経由の市場規模(経産省の資料から編集部がキャプチャ)

スマートフォン経由の市場規模の直近3年間の推移

スマートフォン経由の市場規模の直近3年間の推移(経産省の資料から編集部がキャプチャ)

2016年の物販系ECの伸び率は10.6%だったが、2017年は7.5%に鈍化している。この理由について、報告書では次のように推測している。

国内 BtoC-EC における物販系分野が依然として成長市場であることを示しているが、これまでの経年推移と比較しその成長にやや落ち着きがあった要因について、あえて仮説を立てるとすれば、次の点が推測される。

  • 国内の個人消費の回復が対面物販へ流入
  • 物販系分野のBtoC-EC市場が“ゆるやかな成長期”へと移行を開始
  • 物販系BtoC-EC事業者が二極化(売上を伸ばしている事業者と停滞している事業者)
  • 事業者間の過当競争により同一商品の販売単価が低下
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム