よろしければこちらもご覧ください

化粧品通販のオルビスは10月11日、公式オンラインショップをリニューアルした。利便性を高めるためサイトのデザインや機能を刷新している。

オルビスは公式オンラインショップをリニューアル
ECサイトをリニューアルした(画像は編集部がキャプチャ)

携帯サイト(フィーチャーフォン・ガラケーのサイト)は利用者数の減少を受けてサービスを縮小。2019年秋頃に携帯サイトのサービス提供を終了する。

公式オンラインショップのリニューアルは、オルビスのブランド再構築の一環。

10月23日にブランドロゴ・コーポレートカラーを刷新するほか、今後は会報誌の刷新や、コンセプトショップのオープンを予定している。

オルビスはブランドロゴ・コーポレートカラーを刷新
ブランドロゴ・コーポレートカラーを刷新

オルビスはリブランディングの理由を次のように説明している。

競争が激化している国内化粧品市場において、オルビスは希薄化した独自価値を一から見つめ直し、「自分らしく 前向きに、美しく生きる人々であふれた世界を実現する」ことを使命ととらえ、既成の常識や制約にとらわれない 革新的な事業活動を実行していくことで、お客さまに寄り添い新たな価値を提供するビューティーブランドとして リブランディングを開始します。

新しいブランドロゴは、新ブランドのメッセージである「ここちを美しく。」と、「先進・心地いい・普遍」を表している。

「ここちを美しく。」とは、仕事とプライベートの狭間で、バランスを取りながら頑張っている現代女性に対する、オルビスの姿勢を表しているという。

オルビスは2018年1月、社内体制をチャネル別の組織から機能別の組織へと移行した。10月1日にはリモートワーク制度を導入。フレキシブルで効率的な就業環境を提供し、発想力を高める環境・風土の実現を目指している。

ポーラ・オルビスホールディングスの2017年12月期における連結決算によると、2017年12月期のオルビスの売上高は前期比5.0%減の530億6600万円、営業利益は同19.5%減の90億8000万円だった。

チャネル別の売上構成比は「ネット通販」が46.9%、「その他通販」が25.7%、「店舗・海外」が27.4%。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム