千趣会がこのほど実施した消費者調査によると、普段からオンライン動画を見る20~60代の女性(1294人)のうち、オンライン動画を見たことがきっかけで商品を購入した経験がある割合は24.3%だった。

年齢層別に見ると、20~30代は約3割で他の年齢層よりも割合が高い。20代は30.4%、30代は30.0%、40代は21.2%、50代は23.3%、60代は28.6%。

千趣会がこのほど実施した消費者調査 オンライン動画を見たことがきっかけで商品を購入した経験がある割合

オンライン動画がきっかけで購入したことがある商品ジャンルを選択式(複数回答)で聞いた。その結果、1位は「ファッション」(34.1%)、2位は「コスメ・美容」(30.9%)、3位は「キッチン用品」(25.8%)、4位は「靴・バッグ・アクセサリー」(20.1%)、5位は「食品・スイーツ」(19.4%)だった。

自由回答を見ると、消費者が動画で確かめる要素は、ファッションでは「質感」、コスメ・美容は「使い方・テクニック」、キッチン用品は「使い方や性能」だったという。

千趣会がこのほど実施した消費者調査 オンライン動画がきっかけで購入したことがある商品ジャンル

動画探しの方法で上位は「検索エンジン」や「動画サイト」

普段、オンライン動画をよく見ると回答した1294人を対象に、オンライン動画の見つけ方や視聴する時間帯を聞いた。

オンライン動画の見つけ方は、「検索エンジンで検索する」を選んだ割合が48.5%で最も多い。ほぼ同率で「動画サイト内を検索する」が47.9%で2位。

3位以下は「LINEのタイムラインで」(18.1%)、「Instagramのタイムラインで」(11.3%)、「Twitterのタイムラインで」(9.0%)、「友人・知人・家族からのクチコミで」(8.5%)となっている。

千趣会がこのほど実施した消費者調査 オンライン動画の見つけ方や視聴する時間帯
千趣会がこのほど実施した消費者調査 オンライン動画の見つけ方や視聴する時間帯

オンライン動画をよく見る時間帯は、「18~22時」と「22~24時」が、どちらも36.8%でトップだった。

オンラインで見ることがある動画ジャンルは「音楽映像」(40.9%)、「ハウツー動画(組み立て・料理・ヘアメイクなど)」(25.0%)、「映画・アニメ」(19.9%)、「エンターテインメント(動物・ペット系)」(19.2)、「テレビ(オンデマンド)」(17.3%)、「ニュース」(15.6%)と続いた。(複数回答)

今回の調査は「ベルメゾン生活スタイル研究所」が実施した。同研究所は千趣会が2004年5月に立ち上げた。ベルメゾン会員と独自のモニター組織をベースに、消費や生活スタイルなどに関する調査を実施し、結果を公開している。

調査概要

  • 調査時期:2018年6月27日~7月10日
  • 回答者:ベルメゾンデッセ会員の女性1707人(20代/52人、30代/291人、40代/668人、50代/578人、60代/118人)
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム