ディノス・セシールが実施している、パーソナライズされた情報を届けるダイレクトメール(DM)が、日本郵便主催の「第33回 全日本DM大賞」のグランプリを受賞した。カゴ落ちから最短24時間以内にDMを送る「カート落ちDM」と、画像認識の人工知能を活用した「小冊子 DM」によって、コンバージョン率やレスポンス率が向上したことなどが評価された。

ディノス・セシールが取り組んだ施策は2つある。

1つ目は、ECと紙をリアルタイムで連携させた「カート落ちDM」。カゴ落ちした顧客に対して、カゴ落ちから最短24時間以内に、顧客ごとに内容を最適化したDMを印刷・発送する仕組みを実現した。

「ディノスオンラインショップ」で顧客が商品をカートに入れた後、購入に至らなかった場合、顧客データや検討中の商品の情報を吸い上げ、それらの情報をDMの内容に反映する。

「カート落ちDM」を送付した顧客のコンバージョン率は、「カート落ちDM」 を送らなかった顧客群と比較して約20%向上したという。

ディノス・セシールが「EC」と「紙」をリアルタイムで連携させたCRMを2018年4月から本格運用
「EC」と「紙」をリアルタイムで連携させたCRMの仕組み

2つ目の施策は、画像認識の人工知能「#CBK scnnr」を活用した「小冊子 DM」。顧客が購入した商品に似た商品を着ている写真を、Instagramの投稿コンテンツの中から抽出し、顧客ごとにパーソナライズした小冊子に反映させて発送した。人工知能やユーザーコンテンツを活用し、カスタマイズされたDMの制作を自動化したことが特徴だ。

「小冊子DM」の施策によって、Webの顧客層のレスポンスが約10%向上したという。

顧客が購入した商品に合わせて掲載内容を変える小冊子「Like it!」
顧客が購入した商品に合わせて掲載内容を変える小冊子「Like it!」の中面イメージ

ディノス・セシールは、カゴ落ち対策の重要性が高まっていることや、メール開封率が低下していることなどを受け、2018年からこうした施策を本格的に運用している。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム