LINE Payは4月17日、LINE Payの決済に特化した「LINE Payアプリ」のAndroid版をリリースした。iOSには近日中に公開予定。これまで「LINE Pay」はLINEアプリ上から操作していたが、店頭での決済機能のみを別アプリ化した。LINEアプリ内にも決済機能は残るのでどちらかでも利用できる。

「LINE Payアプリ」の主な機能
  • コード支払い……税込30万円の支払いまではパスワード入力不要でコードが表示できる(都度認証ありにも設定可)。一画面でユーザー読み込み型(MPM)と提示型(CPM)の双方に対応。
  • 使えるお店マップ……位置情報取から現在地周辺の「LINE Pay」対応店舗をマップ上に表示する。今後はキャンペーン実施の有無も表示予定
  • おすすめクーポン……アプリのリリース記念として、ファミリーマート、ローソン、ポプラで100円OFF、松屋で200円OFFになるクーポンや、ラクマで5%OFFになるクーポンを提供
「LINE Payアプリ」の画面イメージ
「LINE Payアプリ」の画面イメージ。決済完了を知らせるサウンドやキャラクターにもバリエーションが追加される予定

スマホ決済を使っていないLINEユーザーにアンケートを実施し、「使わない理由」に挙げられた点を中心に機能を実装した。

スマホ決済を使わない理由
クーポンやキャンペーン情報、使えるお店の場所がわかりにくいという声が多かった(総投稿数25,402件)
今田美桜さん
記者会見では「LINE Pay」アンバサダーに就任した女優の今田美桜さんが「LINE Payアプリ」を体験した

「平成最後の超Payトク祭」開催

LINE Payでは4月30日まで「平成最後の超Payトク祭」を実施する。期間中は「LINE Pay」での支払い金額に対し、実質最大20%分の残高を後日還元する。LINE Pay カード、QUICPay+TM(Android限定)、コード支払い、オンライン支払い、請求書支払いが対象

平成最後の超Payトク祭
LINE Payアプリでコード支払いを一度でも利用すると還元上限額が2倍(合計税込 50,000円の支払いで実質最大10,000円分の還元まで)になる

「Payトク」キャンペーンでユーザー数3,200万人へ

LINE Payでは定期的に開催している「Payトク」キャンペーンでユーザー数を伸ばしている。2018年12月、すべてのユーザーを対象に20%分を還元したところ、月間決済利用者数が2倍に増加した。

決済MAU推移 Payトク実施前後比較 コード支払い2110%成長

「Payトク」キャンペーンを起爆剤にMAUを増やした

これまでの「Payトク」キャンペーン
これまで実施した「Payトク」キャンペーン

2018年は国内の決済可能か所が100万個所となり、グローバルでの取扱高が1兆円を突破した。ユーザー数は3,200万人(2019年4月時点)。2019年の目標はグローバルでの月間アクティブユーザー数1,000万人。

2018年国内決済個所100万個所 2019年 全世界月間アクティブユーザー数1,000万人
2019年の目標はMAU1,000万人
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム