フューチャーショップは8月7日、SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」と、Sprocketの統合Web接客プラットフォーム「Sprocket」との連携を強化したと発表した。

Sprocketが新たにリリースした「データ連携機能」を利用し、「futureshop」で構築されたECサイト内の行動、他のDMP(データマネジメントプラットフォーム)などのデータを「Sprocket」に取り込めるようにした。

「futureshop」導入サイトは、多角的な視点で顧客を分析し、興味・関心に合わせた接客シナリオを作成することができるようになる。

自社ECサイト内の行動に加え、DMPなど外部連携の大量データから導き出されたインサイトを組み合わせ、接客シナリオを作成。One to OneのWeb接客を実現する。

「Sprocket」は、任意のページの閲覧回数有無や回数、サイト訪問回数、滞在時間などのデータを元に、細かい条件でターゲティングを設定することができるWeb接客プラットフォーム。初回訪問ユーザー限定で買い物ガイドのバナー表示、商品カート投入時のオファー表示など、購入への不安を解消する情報提示やクーポンオファーなどをタイムリーに実施できる。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム