凸版印刷のグループ会社であるONE COMPATH(ワン・コンパス)が11月20日に発表した「ブラックフライデー」に関する意識調査によると、「ブラックフライデー」を「知っている」人は全体の75.1%を占め、4人に3人が知っているセールイベントとなっている。

2017年は「知っている」の回答割合が30.9%だったことから、2年で大幅に認知度が上昇していることがわかる。

凸版印刷のグループ会社であるONE COMPATH(ワン・コンパス)が発表した「ブラックフライデー」に関する意識調査 「ブラックフライデー」の認知について
「ブラックフライデー」の認知について

2019年の「ブラックフライデー」に買い物をしたいか聞いたところ、「買い物をしたい」と答えた人は56.2%で、2018年比10.8ポイント増。認知度などの向上に比例し、購買意欲も高まっている。

凸版印刷のグループ会社であるONE COMPATH(ワン・コンパス)が発表した「ブラックフライデー」に関する意識調査 「ブラックフライデー」での買い物意向について
「ブラックフライデー」での買い物意向について

「ブラックフライデーに買い物をしたい」と答えた人に、ECサイトを利用する予定があるかどうかを聞くと、「はい」は34.2%だった。

凸版印刷のグループ会社であるONE COMPATH(ワン・コンパス)が発表した「ブラックフライデー」に関する意識調査 「ブラックフライデー」でのECサイト利用意向について
「ブラックフライデー」でのECサイト利用意向について

一方、企業向けアンケートに寄せられた意見では、「国内では、ECの方が恩恵を受けるのでは」(小売業)、「大手通販サイトがCMをしているので、定着しつつあるように思う」(その他業種)など、ECサイトの影響をあげる声がみられたという。

調査概要

  • 調査エリア:全国
  • 調査対象者:「シュフーポイント」会員(全年齢層の既婚女性)、「Shufoo!」企業向けメールマガジン配信に登録している企業 延べ75社
  • 合計有効回答サンプル数:「シュフーポイント」会員9172人、「Shufoo!」企業向けメールマガジン配信に登録している企業 延べ75社
  • 調査期間:「シュフーポイント」会員アンケート 2019年10月21日~10月24日
  • 調査方法:インターネットリサーチ
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

石居 岳

石居 岳(いしい・がく)

フリーライター、ジャーナリスト。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム