よろしければこちらもご覧ください

セブン&アイホールディングスは3月4日、イトーヨーカドーのネットスーパーで注文した商品を、セブン-イレブンの店舗に設置された「受取りボックス」で受け取れるサービスの試験運用を開始した。「受取りボックス」は冷蔵・冷凍・常温の3つの温度帯に対応している。

「受取りボックス」の試験運用は「イトーヨーカドー ネットスーパー西日暮里店」が実施している。

セブン-イレブン荒川南千住3丁目店と荒川町屋5丁目店の2か所に「受取りボックス」を設置した。

セブン&アイホールディングスは3月4日、イトーヨーカドーのネットスーパーで注文した商品を、セブン-イレブンの店舗に設置された「受取りボックス」で受け取れるサービスの試験運用を開始
「受取りボックス」で受け取れるサービスのスキーム

顧客がネットスーパーで注文すると、イトーヨーカドーの店舗スタッフが商品をピッキングする。梱包した商品を搬送車で「受取りボックス」に運び、温度帯別に収納する。

顧客は注文完了メールに記載された専用番号を「受取りボックス」のディスプレイ画面に入力し、扉を開けて商品を取り出す。

セブン&アイはネットスーパーの商品を専用ボックスで受け取れるようにすることで、ネットスーパーの利便性が向上するとともに、配達の効率化が図れるとしている。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム