よろしければこちらもご覧ください

楽天は3月12日、「楽天市場」で一部出店者から導入する予定の「共通の送料込みライン」施策に関し、注文1件あたり「メール便は100円」「宅配便は250円」を支援金として導入店舗に提供すると発表した。

支援金の提供には上限が定められており、2019年同時期における3980円(税込)以上、送料別の注文件数までが上限対象となる。

「送料込みライン」を導入した出店者を一定期間、支援する「安心サポートプログラム」
「安心サポートプログラム」の内容

「送料込みライン」を導入した出店者を一定期間、支援する「安心サポートプログラム」の一環。「共通の送料込みライン」の導入は出店者が任意で設定できるため、適用対象外の申請をした店舗、2019年8月1日以降の出店者は対象外。支援期間を提供する期間は4月1日から6月30日の3か月間。

また、物流代行サービス「楽天スーパーロジスティクス」の一部出荷作業費の料金を5月1日に改定する。

同一店舗で複数回購入した際、2個目以降の商品同梱の作業費を従来の1個80円から1個65円に変更する。対象は複数回注文された小サイズ商品(3辺合計100センチメートル未満)。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]