よろしければこちらもご覧ください

D2C支援を行うSUPER STUDIOは「D2C事業診断サービス」を開発し、無償提供を開始した。

30個の設問に回答するとD2C事業の現状を診断し、課題や改善に向けたヒントを提案するというもの。事業規模や事業フェーズを問わず利用できるという。

5つの要素の課題を洗い出す設問を設定

SUPER STUDIOは、数多くのメーカーのD2C支援を行っている経験やノウハウから、D2C事業の立ち上げ・運営に必要な工程をデータ化。事業診断サービスの設問に落とし込んだ。

診断はWeb上で完結し、無期限で利用可能。D2Cの特徴である次の5要素で課題を洗い出す設問を設定している。

  1. デジタル
  2. ブランディング
  3. ユーザコミュニケーション
  4. サプライチェーン
  5. マネジメント
D2C支援を行うSUPER STUDIOは「D2C事業診断サービス」を開発し、無償提供を開始した
診断結果イメージ(画像は編集部がサイトからキャプチャ)

所要時間5分程度で”気づき”を提供

設問に回答すると、各項目をスコアリング。アンケート形式の設問に回答すると、108通りの結果パターンから事業運営における強みや課題、ネクストアクションにつながる”気づき”を所要時間約5分で提供するという。

「D2C事業診断サービス」を提供した背景について、SUPER STUDIOは次のように説明する。

D2Cはユニークな世界観を創造するブランディング、サプライチェーンの最適化を意識した各種オペレーションの立ち上げ、エンドユーザとのコミュニケーション設計など、エンドユーザのその時々の消費行動に適応できる幅広い領域のナレッジが必要です。

事業の構想段階ではD2Cの利点を意識できていても、事業が拡大し日々様々な課題に向きあうことにリソースを取られてしまい、D2Cの利点をオペレーションに落とし込めないメーカーが多いのが実態です。(プレスリリースより)

「ブランディング戦略は高度なレベルで練られているものの、その戦略を生かした適切なデジタルプロモーションができていない事例などが見受けらる」(SUPER STUDIO)ことから、「D2C事業診断サービス」の開発に至ったという。 

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

公文 紫都

ネットショップ担当者フォーラム編集部

公文 紫都(Shizu Kumon)

通販・EC業界専門紙記者、ITベンチャー勤務を経て2012年に独立。8年間フリーでライターをした後、2020年4月からネットショップ担当者フォーラム編集部に在籍。4年間NYで暮らしていた経験を生かし、海外の展示会取材なども積極的に行っている。猫派。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
タグ: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム