よろしければこちらもご覧ください

BEENOSが運営する越境ECの代理購入サービス「Buyee(バイイー)」は、2021年2月からアメリカ、カナダ、メキシコ向けの新配送サービスを導入した。サービス導入により、従来より国際配送料金が平均で約59%、最大約76%下がったという。

「Buyee」におけるアメリカでの流通が拡大

「Buyee」の2021年第一四半期(2020年10月1日~12月31日)の流通総額は前年同期比49.7%増加で、過去最高を記録した。特にアメリカからの注文および落札金額が増え、前年同期比90.4%増加、アメリカのユニークユーザー数も90.8%増加したという。

需要拡大における物流量の増加により、新配送サービスにおいて国際配送料値下げが実現した。

BEENOS Buyee バイイー 越境ECサービス 国際配送料値下げ
「Buyee」のアメリカ、カナダ、メキシコへの新配送料金と従来料金の比較(画像は「BEENOS」サイトからキャプチャ)

「Buyee」とは

「Yahoo!ショッピング」「楽天」「ZOZOTOWN」「ヤフオク!」など、日本の通販商品・オークションの代理購入・代理入札を行うサービス。主に日本国外に居住するユーザーを対象としており、ユーザーの代わりに日本の商品を購入し、配送を行う。

BEENOS Buyee バイイー 越境ECサービス
「Buyee」の特徴と利用の流れ(画像は「Buyee」サイトからキャプチャ)
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

藤田遥

ネッ担編集部

保険系SE→ECサイト運営を経て、編集未経験でインプレスに入社し、ネットショップ担当者フォーラム編集者に。カレーとコーラが好き。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
タグ: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]