よろしければこちらもご覧ください

楽天は2月24日、「楽天市場」の商品検索結果画面に運用型広告を配信できるメーカー向け広告プロダクト「RMP-Sales Expansion」において、各広告媒体へのリターゲティング広告の配信が可能となる新メニュー「RMP-Sales Expansion Advance」の提供を開始した。

「RMP-Sales Expansion Advance」は、「楽天市場」の商品検索結果画面に運用型広告を配信できる「RMP-Sales Expansion」の機能と、各広告媒体に配信するリターゲティング広告を組み合わせて活用することができる。

楽天は2月24日、「楽天市場」の商品検索結果画面に運用型広告を配信できるメーカー向け広告プロダクト「RMP-Sales Expansion」において、各広告媒体へのリターゲティング広告の配信が可能となる新メニュー「RMP-Sales Expansion Advance」の提供を開始
「RMP-Sales Expansion Advance」について(画像は楽天が公開した広告資料からキャプチャ)

「RMP-Sales Expansion」によって検索結果に広告を表示した後、表示された広告をクリックしたものの商品を購入しなかったユーザー層を含むターゲットに対して、独自のプラットフォームを用いて「楽天市場」以外の外部メディアなどの広告枠でリターゲティング広告を配信することができるようになる。

メーカー企業は、「楽天市場」の集客力を活用して見込み顧客に訴求する同時に、商品に関心を持った顕在顧客へ効果的に再アプローチすることが可能となる。

「RMP-Sales Expansion」は「楽天市場」に出店していないメーカーでも出稿できる運用型広告プロダクト。メーカー企業が、「楽天市場」の出店店舗において販売される自社商品の広告を出稿することで、その商品と関連性が高いキーワードの「楽天市場」の商品検索結果に広告を表示できるプロダクト。すでに多くのメーカー企業が導入し、特に日用雑貨、ファッション、ペットなどのメーカーからの出稿が好調という。

楽天は「楽天市場」の商品検索結果画面に運用型広告を配信できるメーカー向け広告プロダクト「RMP-Sales Expansion」の提供を開始
「RMP-Sales Expansion」の掲載枠(画像は楽天が公開した広告資料からキャプチャ)

広告主となる各メーカーは、「楽天市場」出店者が販売している自社商品の広告を、商品と関連性の高いキーワードの検索結果に出稿、表示することができる。

楽天は「楽天市場」の商品検索結果画面に運用型広告を配信できるメーカー向け広告プロダクト「RMP-Sales Expansion」の提供を開始
「RMP-Sales Expansion」の仕組み(画像は楽天が公開した広告資料からキャプチャ)
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]