よろしければこちらもご覧ください

SGホールディングスグループの国際貨物事業、物流倉庫事業を担うSGHグローバル・ジャパンは、台湾最大のECモール運営会社であるPChomeグループ傘下の比比昂(bibian)と組み、台湾向け越境ECサービスの提供を始めた。

「bibian」と2月4日、台湾への販売と物流を一体化するサービス「BBチェックアウト」の提供を目的とした覚書を締結。日本企業に向けた「BBチェックアウト」の提供を開始した。

台湾最大のECモール運営会社であるPChomeグループ傘下の比比昂の羅薇琳(Lo Wei-Ling)社長、SGHグローバル・ジャパンの小山彰社長
左から比比昂の羅薇琳(Lo Wei-Ling)社長、SGHグローバル・ジャパンの小山彰社長

PChomeグループが運営する「PChomeオンライン」の会員数は1200万人超。注文後24時間以内に届けるショッピングサイト、オークションサイト、電子決済などのサービスを提供する台湾最大規模のECモール。

PChomeグループの「bibian」は台湾の消費者が手軽に日本製品を購入できる新サービス「BBチェックアウト」を開設。日本から台湾までの輸送を、SGHグローバル・ジャパンが担う。

また、SGHグローバル・ジャパンは台湾向け越境ECを検討している日本企業に「BBチェックアウト」を活用した販売支援を行っていく。

これまでは、日本や米国のモール型ECサイトなどの代理購入先を通していたため、リードタイムが課題になっていた。「BBチェックアウト」を利用することで手続きが簡素化でき、台湾消費者の手元に商品が届くまでのリードタイムを短縮することが可能になる。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]