ヤマトホールディングスは11月18日、アジア各国へのEC荷物のスピード配送を可能にする総合物流施設沖縄グローバルロジスティクスセンター「サザンゲート」を稼働した。サザンゲートは深夜の離着陸が可能。24時間体制で通関業務ができる那覇空港の「沖縄貨物ハブ」のすぐ近くに立地することで、海外へのスピード配送を実現する。

越境ECで販売する商品を保管することも可能。深夜の航空便を活用したスピード輸送で、日本各地に在庫する場合と比べると、受注(締め切り)時間の大幅延長が可能になる。深夜の航空便がある地域には、現地で在庫する場合と同等のリードタイムが実現できる。

施設内に顧客企業の充填設備を導入することで、製造から物流までのプロセスをサザンゲート内で行うことも実現。たとえば、海外の顧客がECサイトで注文した商品を、海外の工場で製造した場合と同等のリードタイムで「Made in Japan」の製品として顧客へ届けることができるという。

海外で発生した修理品を保税状態のままサザンゲートで修理することもできる。輸出入の手続きをする必要がなく、早いスピードで輸送することが可能になる。海外に修理工場を持つ必要がなくなり、修理技術・ノウハウの海外流出も防止できる。

サザンゲートの延べ床面積は2万6590平方メートル。ヤマトホールディングスでは2013年から海外へのスピード配送を目的とした物流サービスを行ってきた。今回のサザンゲートは従来施設の約9倍で、将来の国際物流の拡大をにらみ拡大させた。

サザンゲート外観
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム