よろしければこちらもご覧ください

アマゾンジャパンがラストワンマイルの強化を進める。

2021年内に東京都、埼玉県、千葉県内の計5か所にデリバリーステーションを新設。日本国内の「Amazon Flex」デリバリーステーションを年内に計30か所まで増やす。

ステーションの新設に合わせて、黒ナンバーの軽貨物車を持つ個人と直接契約する配送委託制度「Amazon Flex」も拡充。ラストマイルの配達を担う「Amazon Flex」ライバーを数百人規模で募集する。

既存の配送網に新たな拠点とドライバーを増やして配送体制を強化、確実で着実に商品を配送する体制作りをめざすとしている。

新ステーションについては以下の通り。

  • 東京町田デリバリーステーション(東京都):2021年6月(6月29日に稼働開始)
  • 国立府中デリバリーステーション(東京都):2021年8月
  • 戸田デリバリーステーション(埼玉県):2021年8月
  • 蓮田デリバリーステーション(埼玉県):2021年9月
  • 船橋デリバリーステーション(千葉県):2021年10月

「Amazon Flex」ドライバーは、黒ナンバーの軽貨物車を持つ個人事業主がアマゾンと直接契約を結び、稼働する時間帯や日数はドライバーが選択する仕組み。

配達業務の管理などは専用のスマホアプリで行う。アプリで配達ブロック(エリア)を選択。担当する荷物を配達ステーションでピックアップした後、アプリで配達ルートを確認して荷物を届ける。報酬は1ブロックごとに決められている。

アマゾンジャパン アマゾンロジスティクス ディレクターのアヴァニシュ ナライン シング氏は、「何百人ものAmazon Flexドライバー、その他の委託先配送業者に雇用機会を創出し、地域社会の発展に貢献していきたいと考えている」とコメントしている。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]