SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」を提供するフューチャーショップは、FacebookコンバージョンAPIの標準連携を行った。

広告の効果測定を改善、パフォーマンス向上

Facebook・Instagram広告を運用しているMetaの仕様に従い、コンバージョンAPIを利用して、「futureshop」サーバーからFacebook広告サーバーに直接マーケティングデータを連携する。

サーバー間で直接API連携することで、Metaピクセル(Facebookピクセル)のみで測定する場合に比べ、ブラウザの読み込みエラー、広告をブロックする機能の影響を受けにくくなる。そのため、Facebook・Instagram広告の効果測定を改善、パフォーマンス向上につながるという。

フューチャーショップ futureshop FacebookコンバージョンAPI 標準連携
FacebookコンバージョンAPI連携を標準連携(画像はフューチャーショップのサイトからキャプチャ)

「futureshop」のプロモーション連携機能を利用し、Metaピクセル(Facebookピクセル)を測定タグに設定することで、組み合わせて使用できる。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]