スクロール

通販新聞ダイジェスト

通販・EC企業に聞く「物流2024問題」への対応。「再配達削減」などの対策は?「送料無料」表示の見直しへの意見は?

「物流2024問題」に向けて通販・EC事業者は「再配達削減」「配送効率化」などに取り組んでいる。リードタイム緩和や送料無料表示などの政策への反応など、現状の取り組みや声をまとめた
通販新聞[転載元]2023/10/5 7:30140
通販新聞ダイジェスト

【ジャンル別売上高ランキング2023】「家電」はジャパネットが2487億円で1位、ヨドバシカメラが2094億円で2位など

足元では、アフターコロナの市況や、原材料の高騰などが事業者の業績に大きく影響している。市場における総合通販、家電通販各社の動向をランキングから紹介する
通販新聞[転載元]2023/9/7 7:00470
通販新聞ダイジェスト

ユニクロの「レジ待ち解消」「精算時間の短縮」を実現した新技術「RFID」とは?【EC物流の専門家が解説】

2024年問題を筆頭にさまざまな課題が持ち上がっている物流業界。そんななか、物流や店舗で大きな省力化の役割を果たし、オムニチャネルに必要不可欠と言われる「RFID」が注目されている。EC物流支援のスクロール360の高山取締役が解説
通販新聞[転載元]2023/8/2 7:0019100
通販新聞ダイジェスト

EC物流のプロが解説、宅配クライシスの再来「2024年物流問題」+通販業界に与える影響

【エキスパートが教えるEC物流最前線:前編】EC物流支援のスクロール360の高山取締役が、2024問題に関連する諸問題をやさしく解説。物流事業に精通する有識者へのインタビューも交えつつ、EC事業者が検討するべき施策まで指南する
通販新聞[転載元]2023/7/31 7:000140

通販からECへ、10兆円の成長市場に。売上データとランキングで振り返る通販・EC市場の変遷

黎明期の80年代は1兆円に満たなかった通販市場はいまや10兆円規規模に成長している。過去40年間の売上高調査から、市場をけん引してきた事業者などこれまでの変遷をまとめた
通販新聞[転載元]2023/6/22 7:002150
通販新聞ダイジェスト

「ECはオリジナル商品強化」「既存顧客に注力」「自社ノウハウを活かした物流提案」スクロール鶴見社長に聞くコロナ禍の成長戦略

創業80周年を迎えたスクロール。記念商品がヒットした通販事業やオリジナルアウトドアブランドが好調だったEコマース事業、ソリューション事業が堅調だったが、化粧品や健康食品、旅行事業が苦戦した。新型コロナウイルスの影響を受ける中、今後の成長戦略について社長の鶴見知久社長が語った
通販新聞2020/7/20 11:001030

スクロールが「ナチュラム」などのミネルヴァHDを子会社化へ――専門領域のECを強化

スクロールは2017年、ナチュラピュリファイ研究所、キナリなどを子会社化し、専門領域でのM&Aを進めている
瀧川 正実2017/8/31 6:002871
通販新聞ダイジェスト

スクロールのF1層向けカタログ休刊が示す、総合通販がEC時代に悪戦苦闘するワケ

「ラプティ」の売り上げは近年は20億円を割り込み、1998年度の約157億円と比較するとほぼ10分の1にまで縮小
通販新聞2014/10/16 7:0030172

売上高900億円、マーケティングソリューションカンパニーへの進化をめざすスクロールの中期経営計画とは

スクロールが策定した新中期経営計画では、従来のダイレクトマーケティングソリューションカンパニー(DMSC)から、マーケティングソリューションカンパニー(MSC)への進化を掲げた
松原 沙甫[執筆]5/10 7:00210

スクロールの「EC・通販企業」から「ダイレクトマーケティングソリューションカンパニー」への転換めざす中期経営計画

2023年度も事業環境は厳しい状況であるとし、成長戦略の推進で2023年3月期と同水準の利益を確保し、2025年度に向けてさらなる成長をめざすとしている
石居 岳[執筆]2023/5/11 8:30120

少子高齢化、気候変動、生活様式の変化にどう対応する?スクロールが「100年続く企業」などを掲げた中期経営計画まとめ

スクロールは、成長性・リスク耐性を高めるには、少子高齢化や気候変動といった外部環境の変化に対応することが必要と判断している
石居 岳2022/5/13 8:00240

スクロールの連結売上は17%増の851億円。巣ごもり消費の拡大で通販、EC、ソリューション事業が大幅増収

連結売上高は前期比125億6000万円の増収。このうち新型コロナウイルスによる影響は約90億円、自社の取り組みや施策による影響は約35億円と分析している
石居 岳2021/5/10 10:00350

複数ECサイト運用業務を自動化する「eシェルパモール2.0」をスクロール360が提供スタート

「eシェルパモール2.0」は、「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「Amazon」「au Wowma!」といった複数のECモール、自社ECサイトと連動し、受注管理や在庫管理、出荷指示などの業務を一元管理する一元管理システム
瀧川 正実2019/8/30 11:001761

物流コスト削減は複数の拠点で商品配送を。スクロール360が分散出荷サービスを開始

ソリューション事業を手がける子会社のスクロール360が通販事業者向けに、「分散出荷サービス」の提供を開始する
石居 岳2019/7/16 10:003030

スクロール360が茨城県に新物流拠点、2020年以降に物流の全国ネットワークを構築へ

新センターの延床面積は約3万平方メートル。総額60億円を投資する
渡部 和章2018/9/4 7:001010

グループ売上1000億円をめざすスクロールの中期経営計画まとめ

ECの商品調達強化、化粧品ブランドの認知向上、通販支援や旅行業などの拡大を図る
渡部 和章2018/5/17 8:002953

資生堂、「草花木果」の化粧品通販子会社キナリをスクロールに売却へ

キナリの2016年12月期売上高は22億6900万円、純利益が4300万円。スクロールは化粧品領域の事業を強化
瀧川 正実2017/6/1 6:008772

スクロールがアパレルECから撤退

カタログ通販、生協組合員向けアパレル販売は継続する
中川 昌俊2017/2/2 16:15104182

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]