よろしければこちらもご覧ください

マーケティング支援サービスなどを提供するALBERTは1月15日、東証マザーズ市場への新規上場が承認されたと発表した。上場日は2月19日の予定。上場時の発行済株式総数は203万株(公募20万株含む)。公募のほか、オーバーアロットメントに伴う4万6300株と、引受人の買い取り引き受けによる10万8800株を売り出す。公開価格はブック・ビルディング方式を採用、2月2日から同6日までが同期間で、同9日に公開価格を決定する。

調達資金は本社移転費用、データ・アナリスト、システムエンジニアの採用・育成に関する人件費、ネットワーク負荷に対応するためのインフラ増強費用に充てる予定。

ALBERTはレコメンドエンジンの研究、サービスの提供を行う会社として、インターネットリサーチを行うインタースコープとニッセンの共同出資で2005年に設立。

当初はレコメンドサービス提供専業として運営していたが、レコメンドエンジンを生かした広告配信サービス領域にも進出。2011年には広告配信サービスのデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)と資本業務提携を行い、広告最適化、データマイニング、アトリビューション分析など事業領域を拡大している。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
タグ: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム