よろしければこちらもご覧ください

日本通信販売協会(JADMA)の売上高月次調査集計によると、主要会員企業145社の2014年(1~12月)の総売上高は前年比0.1%増の1兆6016億5700万円だった(表参照)。消費増税の導入に伴い、3月の駆け込み需要や4月以降の買い控えなど例年とは異なる動きがあったものの、通年で見るとほぼ横ばいの結果になった。

カテゴリー別に詳細を見ると「衣料品」が同4.1%減の3349億7800万円。4月~11月まで8カ月連続でマイナスを記録するなど低調に推移した。「家庭用品」は同1.3%増の2627億9200万円だった

「雑貨」全体は同4.5%増の6741億1800万円で、増税後3カ月間はマイナスだったもののそれ以外の月ではすべてプラスに転じている。このうち、「文具・事務用品」は同11.1%増の2740億6000万円。増税した4月を含めて唯一、すべての月でプラス成長を記録。増加幅も全項目を通じて最大となり、3月には30%近い伸びも示していた。「化粧品」は同0.7%増の1751億2300万円。両項目を除いた「雑貨」は同0.1%増の2249億3500万円でほぼ横ばいだった。

「食料品」全体は同4.5%減の2633億1400万円。このうち、「健康食品」は同5.9%減の1888億4300万円。すべての月で前年同月を割り込み、特に4月は15%を超えるマイナスを記録。下げ幅でも全項目を通じて最も大きかった。健食以外の「食料品」は同0.6%減の744億7100万円だった。

「通信教育・サービス」は同3.8%減の396億9800万円だった。「その他」は同5.7%減の267億5700万円。2桁マイナスも3回記録しており、4月には25%を超える落ち込みを見せるなど低調だった。

日本通信販売協会(JADMA)会員主要企業の2014年月次売上高
JADMA会員主要企業の2014年月次売上高

12月は2.2%増加

また、2014年12月度(単月)の主要145社の通販総売上高は、前年同月比2.2%増の1533億9100万円だった。「衣料品」が同3.5%増。「家庭用品」が同横ばい。「雑貨」全体は同3.3%増で、この内「文具・事務用品」は同6.3%増、「化粧品」は同0.4%減で、両項目を除いた「雑貨」は同2.7%増だった。

「食料品」全体は同1.6%増、この内「健康食品」は同4.4%減、健食以外の「食料品」は同8.6%増となり、全項目を通じて最も伸長。「通信教育・サービス」は同6.1%減で、全項目を通じて最も減少した。「その他」は同0.5%増だった。なお、1社当たりの平均受注件数は、9万4788件(回答119社)。

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをネットショップ担当者フォーラム編集部が追加している場合もあります。
※見出しはネットショップ担当者フォーラム編集部が編集している場合もあります。

「通販新聞」について

「通販新聞」は、通信販売・ネット通販業界に関連する宅配(オフィス配)をメインとしたニュース情報紙です。物品からサービス商品全般にわたる通販実施企業の最新動向をもとに、各社のマーチャンダイジング、媒体戦略、フルフィルメント動向など、成長を続ける通販・EC業界の情報をわかりやすく伝え、ビジネスのヒントを提供しています。

このコーナーでは、通販新聞編集部の協力により、毎週発行している「通販新聞」からピックアップした通販・ECのニュースや記事などをお届けしていきます。

→ 年間購読を申し込む(通販新聞のサイト)
通販新聞の過去記事を読む(通販新聞のサイト)
→ 通販新聞についてもっと詳しく知りたい

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム