通販企業向けに物流代行サービスを提供するディーエムエスは5月16日、物流センターを2015年に新設すると発表した。取得先、取得額、立地に関する情報は非公開。新設する物流センターでは、最新の機器を導入して業務の効率化を図る。また、広告、販売促進サービスも手掛け、通販業務を一括して請け負う体制を作る。

新物流センターでは、荷主企業の通販事業に必要な受注から出荷までを一括して請負う「通販物流サービス」と、サンプリング、キャンペーン、販促品・用度品などの「販促物流サービス」を提供する。最新マテハン機器を導入したオートメーション化、メーリングやアウトソーシング業務のノウハウを活かしたカスタマーサービスなどを提供する。フルフィルメントセンターを構築し、荷主企業の負荷軽減、出荷の効率化を図る。

6月に土地売買契約を締結し、2015年1月に着工、同年12月に稼働を開始する。施設は建築面積が2960坪、鉄骨造地上4階建てで、延床面積2万6400平方メートル。操業開始の16年から5年後の20年度時点で30億円を超える事業規模を目指す。

 

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]