現在地

楽天は1月26日、「楽天市場」において、バーチャル試着サービス「バーチャル・フィッティングルーム」と、最適な衣服サイズを提案するサービス「フィット・アドバイザー」の試験提供を開始したと発表した。

2015年7月に子会社した「Fits.me Holdings Limited」の技術を活用。バーチャルで試着できるサービスを提供し、購入促進につなげるほか、返品率の低下につなげる。

バーチャル・フィッティングルーム

「バーチャル・フィッティングルーム」は、衣服の購入前に、ユーザーがいろいろなサイズを試着する際のイメージをバーチャルで確認できるサービス。

ユーザー自身の身長や体重などのほか、好みのフィット感(ゆったりめ、ぴったりめ)を入力することで、どの衣服やサイズが体型に合うのかを確認できる。

バーチャル・フィッティングルームのイメージ

フィット・アドバイザー

「フィット・アドバイザー」は、ユーザーが身長や体重など体型に関する情報を入力すると、その商品のおすすめサイズ(S、M、Lなど)を表示するサービス。

アパレルの場合、たとえばSサイズでもブランドごとにサイズが異なるため、ユーザー情報からその商品のおすすめサイズを表示し、迷わずに購入できるようにする。

フィット・アドバイザーのイメージ

「バーチャル・フィッティングルーム」は「紳士服はるやま楽天市場支店」のメンズ用ワイシャツ約60点で利用可能。「フィット・アドバイザー」は、「スタイライフ」における約8000点の商品を対象にサービスを展開する。

試験導入で良い結果が得られれば、「楽天市場」に出店するアパレルショップへの導入につなげていく予定。利用料金などは、現時点ではまだ決まっていない。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム