よろしければこちらもご覧ください

GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)の子会社であるGMOペイメントサービスが提供する「GMO後払い」は、料金面で強みを持っている。各社の価格表を比べてみると、最も価格が安い。今後、GMOペイメントゲートウェイやGMOイプシロンなど、GMOグループで決済サービスを利用している店舗には、さらにお得なサービスを展開する予定という。後払い決済の価格をできるだけ安くしたいEC企業、すでにGMOグループの決済を利用しているEC企業にとっては最適な後払いサービスかもしれない。

 

「GMO後払い」の料金プラン
プラン名AプランBプランCプランDプラン
月額固定費(税別)0円4,500円18,000円45,000円
決済手数料率 非課税4.70%4.20%3.40%2.70%

営業マン一人に決済周りは任せられる

GMOペイメントサービスは20138月から後払い決済サービス「GMO後払い」を提供している。GMO-PGの決済サービスを提供しているEC企業向けに営業を行っており、GMO-PGと連携したトータル決済サービス提供が強みの1つ。

「例えば、これまで担当していた営業マンが後払い決済サービスを担当するので、決済周りは1人に任せられると評価をいただいている」(向井克成社長)

GMOグループで中小EC事業者向け決済サービスを展開するGMOイプシロンでは、決済サービスに「GMO後払い」を標準搭載。チェックボックスにチェックを入れるだけで、簡単に後払い決済を導入できるようにしている。

封書、圧着ハガキの両方に対応

GMOペイメントサービスは後払い決済サービスでは後発組。だが、後発ならではのEC企業のニーズを汲み取ったサービスも強みだ。

例えば、利用者への請求では封書、圧着ハガキの両方に対応。圧着ハガキの場合、郵便局で料金を支払うことはできないが、請求手数料は140円とコストを抑えることが可能だ。

一方で、年配の利用者が多い通販サイトなどでは、郵便局での支払いが可能な封書(請求手数料180円)を求めるケースもあるため、EC事業者が自由に選べるようにしている。「サービスを運用する前は、安価な圧着ハガキの方がニーズが高いと考えていたが、実際に運営してみると、封書の利用を希望するEC企業が多く、両方のニーズがあることが分かった」(同)

現在は導入者数、取扱高ともに、想定を上回る数値で推移しているという。GMO-PGは自社サイトへの決済システムの提供がメイン。楽天市場やヤフーショッピングなどモール店への対応も重要視されており、「GMO後払い」はこうしたサイトへの導入も進んでいる。

今後は、GMO-PGの導入企業へのサービス導入と充実したサービスを強化する。「後払い決済を提供している会社の中で、決済をトータルで提供できる会社は当社しかない。こうした強みを生かし、トータルでGMOに任せてもらえれば、よりお得になるようなサービス展開を進めていきたい。EC企業の問題解決となるサービスを開発・提供していきたい」(同)と言う。

 

第4回目の後払い決済特集は、キャッチボールが提供する後払い決済サービスです。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム