よろしければこちらもご覧ください

ビックカメラは約50億円を投じ、子会社のコジマとのシステム統合やグループ一体の新たな通販システムの構築に着手する。統合物流システムの構築や商品センター新設も予定しており、通販・EC事業の強化を進める。

新株予約権付社債の新規発行で約150億円を取得。その一部を通販・EC事業の拡大のための投資に充てる。

ビックカメラは2012年に子会社したコジマとの間で、商品仕入の一元化、店舗開発、店舗運営、物流やインターネット通販を含むシステム統合に向けた取り組みを推進してきた。

グループ一体のネット通販システムの構築、コジマとのシステム統合のための資金などとして、2015年1月までに約50億円を投資。また、統合物流システムの構築、商品センター新設のための投資資金として、2016年8月までに約70億円を投じる。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム