アプリ運営プラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」のヤプリ(旧ファストメディア)は4月11日、アプリ内でカメラを起動してバーコードやQRコードを読み取ることができる機能を「Yappli」に追加した。

「Yappli」で運営されているアプリをダウンロードしたユーザーは、バーコードやQRコードを読み取るだけで商品情報をアプリでチェックできるようになる。バーコードリーダー機能の導入には、導入企業側で商品紹介ページをJANコードで管理する必要がある。

店舗で商品を調べ、自宅で購入するといった行動ができるようになる。ヤプリによると、オムニチャネル体験が加速されるという。

アプリ運営プラットフォーム「Yappli」に新機能「バーコードリーダー機能」

バーコードリーダー機能の活用イメージ

この新機能を、全国50店舗以上を展開する大型釣具店「釣具のキャスティング」(ワールドスポーツ)が提供する「キャスティング公式アプリ」で実装。

ECサイトで注文して店舗受け取りする店舗送客、店舗の商品バーコードを読み取りオンラインストアの商品レビューを見てから購入するといったオムニチャネル化に活用する。

大型釣具店「釣具のキャスティング」(株式会社ワールドスポーツ)がヤプリのバーコードリーダー機能を実装

「キャスティング公式アプリ」での実装イメージ

「Yappli」はプログラミング知識不要で、ネイティブアプリを制作できるプラットフォーム。アプリ公開後もマニュアル不要の管理画面からドラッグ&ドロップだけで直観的にiPhone、Androidアプリを更新できる。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム