現在地

tweet3はてなブックマークに追加

「母の日」が約1か月後に迫り、ネット通販業界では「母の日」商戦が始まっている。

ネットリサーチ大手のマクロミルが4月11日に公表した「母の日」に関する意識調査によると、消費者の57.7%が自分の母親に対して「プレゼントを贈りたい」と考えている。母の日に「何もするつもりはない」と回答した消費者は25.5%。

プレゼントしたい物の1位は「花束」(40%)だった。2位は「お菓子・スイーツ」(35%)、3位は「服」(12%)、4位は「現金」(8.9%)、5位は「バッグ・財布」(8.2%)と「旅行」(同)。母の日に使う平均予算は3634円。

ネットリサーチ大手のマクロミルが4月11日に公表した「母の日」に関する意識調査 プレゼントしたい物の1位は「花束」

プレゼントしたい物の1位は「花束」

一方、母親が母の日に子どもへ求めることは「感謝の言葉を伝えてほしい」(30%)、「一緒に過ごしたい」(27%)、「家事を代わったり手伝ったりしてほしい」(14%)が上位に。“モノ”よりも“コト”を望む傾向が強い。

ネットリサーチ大手のマクロミルが4月11日に公表した「母の日」に関する意識調査母親が母の日に子どもへ求めることは 「感謝の言葉を伝えてほしい」

母親が母の日に子どもへ求めること

子供がいる女性295人のうち、「母の日に、子どもから何かされたい」と回答したのは39%。「今年の母の日に子どもが何かをしてくれたら嬉しい」と回答した人は81%。

「過去、母の日に何かしていたか」という質問では、学生時代よりも就職後や結婚後にプレゼントなどを贈る割合が高まる傾向が示された。

「学生時代に毎年母の日に何かをしていた」と回答した消費者は17~21%にとどまる一方、「就職後」は35%、「結婚後」は52%に上昇。就職や結婚といった人生の節目に「母の日」の行動を見直す消費者が多いことがうかがえる。

調査概要

  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査地域:全国
  • 調査対象:20~69歳の男女(マクロミルモニタ)
  • 割付方法:平成27年国勢調査による、性別×年代×地域の人口動態割付/合計1000サンプル
  • 調査期間:2017年4月4日(火)~ 5日(水)

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル