現在地

tweet8はてなブックマークに追加

ネット通販利用者の約7割は配送料がかかることに理解を示すものの、そのうち6割以上はECサイト側の負担を希望している。ジャストシステムが4月12日に公表した「ECサイトの配送に関する意識調査」から、ネット通販利用者の送料に対するこんな意識が明らかになった。

ECサイトで購入した商品について、「配送料がかかるのは理解できる」と答えた人は66.2%だった。

送料に対する考え方(ジャストシステム調査)

「送料」に対する考え方

送料への理解がある消費者のうち、「配送料は購入者が全額負担すべき」と答えた人は23.2%にとどまった。

一方、「購入者とECサイトが折半すべき」が48.3%、「ECサイトが全額負担すべき」が15.4%。ECサイト側に送料の負担を求めるユーザーは63.7%にのぼっている。

送料の負担先に対する考え方(ジャストシステム調査)

「送料」の負担先についての考え方

 

宅配ロッカー「利用経験あり」は12.8%

ECサイトで購入した商品を受け取るための専用ロッカー(宅配ロッカー)の利用状況などに関する調査も実施。宅配ロッカーを「知っていて、利用したことがある」と回答したユーザーは12.8%。2016年4月に行った前回調査から5.3ポイント上昇している。

宅配ロッカーを「知っている」と回答した割合は前回調査比6.3ポイント増の55.1%。宅配ロッカーの設置希望場所は「コンビニ」(57.1%)が最も多く、「駅」(36.1%)、「スーパー」(33.8%)の順だった。

20代の36%が「必ず最短納期で設定」

「即日配送」「翌日配送」など短納期の配送サービスを利用したことがあるユーザーは62.3%だった。

利用経験者のうち、即日配送や翌日配送を「必ず最短納期になるよう設定する」と回答した割合は24.6%。年代別では20代が36.5%、30代は25.5%、40代は17.2%、50代は16.3%で、若い世代ほど最短納期を望む傾向が強い。

調査の実施概要

  • 調査名:ECサイトの配送に関する意識調査
  • 調査期間:2017年4月6日(木)~ 4月7日(金)
  • 調査対象:事前の調査で「月に1回以上、ECサイトで買い物をしている」と回答した20~59歳の男女900名
  • 詳細調査レポートの詳細はこちら

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル