現在地

サンケイリビング新聞社グループのシンクタンクであるリビングくらしHOW研究所は11月21日、全国の女性1119人を対象に行った宅配の利用に関するアンケート調査の結果を公表した。

全国の女性、物流問題はどう感じている?

宅配便の運賃の基本値上げについて、「働く人を守ることになるので賛成」と回答したのは36.2%、「反対なので今後は利用を減らしたい」は8.0%だった。「嫌だが仕方がないので(宅配便を)今後も利用する」は55.9%。

配達時間帯の指定枠の変更は78.5%が「賛成」と回答。再配達受付締切時間の繰り上げも76.9%が「賛成」だった。「反対」はそれぞれ約2%にとどまっている。

配送業界の人手不足などにより「再配達時間など従来のサービスの維持が困難」といった報道について、「内容まで知っている」と回答した割合は72.3%。

リビングくらしHOW研究所が実施した宅配の利用に関するアンケート調査。サービス変更や料金値上げに対する態度
サービス変更や料金値上げに対する態度について

「報道を受けて自分や周囲で起きた変化」について選択式・複数回答で質問したところ、「到着時刻や再配達時間を以前より気にするようになった」は51.9%、「配達員をねぎらう気持ちが強くなった」は44.5%だった。

リビングくらしHOW研究所が実施した宅配の利用に関するアンケート調査。再配達問題の報道を受けて、自分や周囲に起きた変化について
再配達問題の報道を受けて、自分や周囲に起きた変化について

宅配便の利用状況

宅配便の利用頻度(受け取る頻度)を3年前と比較すると、「増えた」は24.7%、「やや増えた」は25.6%で約半数を占める。年代別にみると若い世代ほど利用頻度が増えている。

リビングくらしHOW研究所が実施した宅配の利用に関するアンケート調査。受け取り頻度の増減
受け取り頻度の増減(3年前との比較)

宅配便の荷物を受け取るジャンルは「ネット通販」が86.8%で最多。フリマアプリやネットオークションなどの「個人間取引」は15.3%だった。

リビングくらしHOW研究所が実施した宅配の利用に関するアンケート調査。宅配便でどんなものを受け取るかについて
宅配便でどんなものを受け取るかについて

宅配ロッカーの利用経験者は7.0%。利用したことがない回答者の中で「利用したい」と答えたのは45.5%だった。

リビングくらしHOW研究所が実施した宅配の利用に関するアンケート調査。宅配ロッカーやコンビニでの受け取りサービスの利用意向
宅配ロッカーやコンビニでの受け取りサービスの利用意向

調査概要

  • 調査期間:2017年10月4~10月9日
  • 調査方法:サンケイリビング新聞社公式サイト「リビングWeb」「シティリビングWeb」「あんふぁんWeb」でのアンケート
  • 調査対象:全国の女性
  • 有効回答数:1119人(平均年齢:45.0歳)

回答者プロフィール

  • 専業主婦33.9%、フルタイム36.5%、パート・アルバイト23.3%、その他6.3%
  • 20代以下7.1%、30代28.5%、40代32.0%、50代19.9%、60代以上12.5%
  • 既婚73.1%、独身26.9%
  • 同居している子どもがいる58.3%、いない41.7%

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!