よろしければこちらもご覧ください

ECにおいてモール検索からの集客や転換率に関わるサムネイルのクリエイティブについて、「外せないポイント」があることをご存知でしょうか。

今回はそんな読むだけで改善点が見つかる「売れる」サムネイル作成のポイントをご紹介しましょう。

「売れる」サムネイルのポイントは、扱っている商材によっても異なってくるのですが、利用者はモールでお買い物を行う際にいくつかの条件を持って検索を行います。

アパレルであればワンピース等商品名の他に気になるのが、条件に合うカラーやサイズがあるかどうか。食品であれば予算に合う価格帯や内容量などがそれに当たります。

このような利用者のお買い物の条件として検索されるキーワードは、サムネイルの写真やコピーを使って分かりやすく表示させることで、検索を利用する人にとって条件に合う商品であることを一目で理解して頂く事が可能になり、「押されるサムネイル」となります

さらに一歩踏み込んで、「選ばれるサムネイル」にするために押さえておきたいポイントがあります。

他社にはない割引や送料無料等の特典と言った付加価値や、ランキング結果等の実績などがあれば、それらもサムネイルに表現することで、他社との差別化を図ることが可能になり、押されるサムネイルから「選ばれるサムネイル」となるのです。

売り上げが伸びるサムネイルを制作するためのポイント

では、これらのポイントを踏まえて実際に商材毎に異なるサムネイルのポイントを見てみましょう。

アパレルのサムネイルのポイント

  1. 店舗名をサムネイルに掲載して店舗やブランドの認知を高める
  2. カラーバリエーションやサイズを表記
  3. 商品特性やランキング等付加価値があれば記載(例:新色追加、コットン100%等)
  4. 商品をコーディネートした写真を表示する
  5. 価格訴求、割引訴求、送料訴求があれば記載

食品のサムネイルのポイント

  1. その商品がどんな商品であるかを言葉でしっかりと記載(例:メガ盛りバウム、本場さぬきうどん、宇治抹茶スイーツお試し等
  2. 商品写真はシズル感のある寄りの写真でおいしさをアピール(パッケージ単体の写真はNG)
  3. 内容量を記載(例:5個セット、メガ盛り1kg、1,2kg等)
  4. 送料無料商品には必ず「送料無料」を記載
  5. 価格で勝負する場合は大きく記載

このように、商材ごとに違うポイントをしっかりと理解して把握して作成することで、サムネイルが押されるようになり、集客につながるだけでなく、自分が欲しかった商品の条件と合致していることがわかった状態で商品ページに来訪するため転換率も上がってくるのです。

自社のサムネイルを見直して考慮すべきポイントが押さえられていなかった場合、それは改善のチャンスです。実際に、いつも.で提供している定額制作サービス(SUGOUDE)では、バナーのみを月額定額で制作し放題とするサービスプランがあるのですが、これはバナー作成のポイントは理解しているけどうまくクリエイティブに反映できなかったり、手が足りず制作が追いつかないと言ったお悩みをお持ちの方を対象としたサービスになっています。

このプランができたのは、実際に既存のバナーを、ポイントを押さえて作り変えるだけでも大きく効果を上げた事例がいくつもあるためです。

皆様も是非自社の商材に合ったサムネイルのポイントを洗い出し、改善を行ってみてください。

「株式会社いつも.公式ブログ」掲載のオリジナル版はこちら:
当たり前だと思っていたその作業が実は無駄かも!? 受注管理に潜む落とし穴とは(2017/04/25)

筆者関連情報

経営者向けにネット通販の売上アップ、モール活用、楽天集客、EC事業拡大、海外最新事例、越境EC、オムニチャネル等のECセミナーを全国各地で開催中!

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

株式会社いつも.

Eコマースビジネス支援に特化し、成功に必要なコンサルティング、集客、構築・制作、販売、CRM、物流、カスタマー対応までを一社完結で提供。

現在、国内最大規模となる7700社以上の企業(2016年6月時点)とサポート実績があります。約4年前から米国Eコマースの成功事例や情報を研究する専門部署(EC未来研究所)を設け、情報収集と発信を実施。そこから日本流のスマートフォン、ソーシャル、O2O、フルフィルメント、CRMなどのコンサルティングも提供している。

記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]