EC支援などを手がけるリエールファクトリーは8月18日、Instagramに投稿された写真を収集し、自社ECサイトに表示するシステムの提供を開始したと発表した。

システムの名称は「UGC maker」。Instagramを利用している一般の消費者が投稿した商品の写真や、ファッションコーディネートなどの写真を、ECサイトのコンテンツとして利用する。

生活の中で撮影された商品や、ファッションコーディネートの写真などをECサイトに使うことで、商品の利用シーンが伝わりやすくなる。

ユーザー投稿コンテンツ(User Generated Contents、UGC)を活用することで、サイトの更新頻度を上げることが可能。プロカメラマンに撮影を依頼した場合と比べ、写真の制作費を抑制できる可能性もある。

指定のコードをECサイトに埋め込むことで「UGC maker」を利用できる。料金は月額1980円。UGCをECサイトに使う際は、投稿者の利用許諾が必要。

リエールファクトリーの「UGC maker」を活用したイメージ

「UGC maker」を活用したイメージ

ECサイト構築システム「カラーミーショップ」と連携しており、カラーミーショップを利用したECサイトでは、表示したUGCから商品販売ページにリンクを貼ることも可能。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]