現在地

日本の商品に特化した中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラは1月24日、出店取次ぎパートナー契約を結んだGLコネクトとの取り組みを1月から本格的に開始したと発表した。

GLコネクトは伊藤忠商事、あおぞら銀行、鹿児島銀行、荘内銀行、十六銀行、東邦銀行、伊予銀行などが共同出資する企業。国内外の企業に対するファイナンス業務、海外ビジネスサポート業務などを手がけている。

株主である各銀行と協業し、インアゴーラに地方企業の紹介を行うという。

インアゴーラは出店取次ぎパートナー契約を結んだGLコネクトとの取り組みを1月から本格的に開始

地銀などを通じて地方企業の出店を開拓する

インアゴーラは2017年12月、100年以上の歴史を持つ老舗日本企業100社を集め、「ワンドウ」で販売する「100年100社プロジェクト」をスタートしている。

インアゴーラが運営する「豌豆プラットフォーム」は、商品情報の掲載、物流、決済、マーケティング、顧客対応、他チャンネル展開などの全工程をインアゴーラが担う。

カゴメやカルビー、阪神阪急百貨店、キリン堂などが出店しており、出店企業数は2017年11月時点で210社。約2600ブランド、約4万種類の商品を取り扱っている。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム