アマゾンジャパンは4月24日、物流代行サービス「フルフィルメント by Amazon (FBA)」の手数料や料金体系を改定する。

4月24日以降に出荷される荷物の「配送代行手数料」「FBA商品ラベル貼付サービス手数料」「購入者返品手数料」「納品不備受領作業手数料」と、5月1日以降の「在庫保管手数料」が対象。

保管やフルフィルメント、輸送、カスタマーサービスのコスト上昇を受け、料金体系変と手数料の改定を決めた。

「配送代行手数料」は現在、出荷作業手数料(個数あたり)と発送重量手数料(出荷あたり)にわかれているが、新料金では配送代行手数料(個数あたり)に統合する。また、メディアとメディア以外の料金の区分もなくす。

現行制度の手数料は、「標準」(0~2kg)は174~329円、「大型商品」は530~1258円。

新料金では、「標準」(重量0~2kg)は360円、「大型商品」は622~1398円となる。

FBA配送代行手数料の料金体系(4/24~)

FBA配送代行手数料の料金体系(4/24~、画像は編集部がキャプチャ)

「在庫保管手数料」は現在、8.126円×サイズ×保管日数で決まる。たとえば、サイズが縦11.4cm、横22.5cm、高さ35.5cmの商品を1か月間保管する場合の手数料は73.993円。

新料金プランでは、在庫保管手数料を計算する際の基準が変わる。現在は一律8.126円だが、5月1日以降、1~9月は7.8円、10~12月は9.0円へと変更する。

在庫保管手数料の料金体系(5/1~)

在庫保管手数料の料金体系(5/1~、画像は編集部がキャプチャ)

「FBA商品ラベル貼付サービス手数料」は、「小型・標準」は現行の19円から20円に、「大型商品」は現行の43円から50円に値上げする。

FBA商品ラベル貼付サービス手数料(4/24~)

FBA商品ラベル貼付サービス手数料(4/24~、画像は編集部がキャプチャ)

「納品不備受領作業手数料」は、作業内容や回数によって値下げになるものと値上げになるものがある。

納品不備受領作業手数料(4/24~)

納品不備受領作業手数料(4/24~、画像は編集部がキャプチャ)
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム