現在地

視聴行動分析サービスを提供するニールセンデジタルが実施したスマホECに関するユーザー調査によると、2018年4月度にスマホで利用されたオンラインショッピングサイトは「楽天市場」と「アマゾン」が56~57%で拮抗している。

スマホでの利用率が高いオンラインショッピング上位3サービスは「楽天市場」(57%)、「アマゾン」(56%)、「Yahoo!ショッピング」(36%)だった。

オークション/フリマサービスでは、「Yahoo! オークション」が25%で最も高い。2位は「メルカリ」(23%)、3位は2018年2月に「フリル」と統合した「ラクマ」(11%)。

スマホからのECサービス アクティブリサーチ

スマホからのECサービス アクティブリサーチ

年齢別で見ると、18~24歳女性はオンラインショッピングのアクティブリーチで「ZOZOTOWN」が3位。25-34歳女性のオークション/フリマサービスの1位は「メルカリ」だった。

スマホからのECサービス アクティブリサーチ属性別

スマホ利用者はPCの3~4倍

2018年4月度におけるデバイス別のECサービス利用者数(上位3サービスの合計)は、オンラインショッピングではスマホが5142万人、PCは1674万人。スマホとPCは約3倍の開きがある。

オークション/フリマサービスではスマホが2749万人、PCは683人。スマホはPCの約4倍の水準。

利用時間シェアはオンラインショッピングとオークション/フリマサービスのどちらもスマホが圧倒的に高い。

スマホ、PCからの各ECサービスの利用者数、利用時間シェア

スマホ、PCからの各ECサービスの利用者数、利用時間シェア

調査概要

ニールセンデジタルがPC版インターネット視聴率情報「Nielsen NetView(ニールセン ネットビュー)」、スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイル ネットビュー)」のデータをもとに、2018年4月の日本におけるオンラインショッピングサービスとオークション/フリマサービスの利用状況を発表した。

Nielsen NetViewは、日本全国に4万人以上のオンライン視聴者パネルを構築し、データを収集、報告している。職場にも2200人以上のパネルを構築。

Nielsen Mobile NetView は日本全国の8000人(iOS、Android 各4000名)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成している。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム