現在地

massenextは10月29日、スマホを使って身体のサイズを計測するアプリ「Sizer(サイザー)」の国内での提供を開始した。ファッションEC事業者への導入をめざす。

「Sizer」を開発したのはイスラエルのSizer Technologies。massenextはSizer Technologiesと独占代理店契約を締結している。

「Sizer」は、メジャーやボディスーツを使わずに身体のサイズを計測できるのが特徴。

massenextはスマホを使って身体のサイズを計測するアプリ「Sizer(サイザー)」の国内での提供を開始
「Sizer」の利用方法

アプリを起動した状態で、スマホを椅子などに立て掛けて固定し、スマホのカメラで全身を写す。音声ガイダンスに従って数パターンのポーズをとると、計測が完了する。

計測項目は10月29日時点では「肩幅」「胸囲」「ウエスト」「ヒップ」「股下」。

計測時間は約2分間。ユーザーはボディラインがわかる服装を着る必要がある。

「Sizer」のサービス提供開始に伴い、国内大手スポーツメーカーが「Sizer」のトライアルを行うという。

massenextはスマホを使って身体のサイズを計測するアプリ「Sizer(サイザー)」の国内での提供を開始
ECサイトへでの利用方法

「Sizer」と「ZOZOスーツ」はどちらが便利?

「Sizer」は専用スーツを着用する必要がない点で、ZOZOが提供しているボディサイズ計測スーツ「ZOZOSUIT(ZOZOスーツ)」よりも簡単に計測できる。

ただし、計測項目は「ZOZOスーツ」よりも少ない。

「ZOZOスーツ」は肩幅や胸囲、ウエスト、ヒップ、股下のほか、首回りや腕の長さ、太もも周り、ふくらはぎ周り、足首周りなども計測できる。

「Sizer」と「ZOZOスーツ」の計測精度は、筆者が利用した限りでは、どちらもメジャーで計測した数値と比べて項目によっては数cmの誤差があった。

「Sizer」のイメージ動画
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム