カジュアルな婦人服などの製造販売を手がけるハニーズホールディングスの2019年5月期におけるEC売上高は、前期比77%増の18億円だった。

EC化率は前の期の2.2%から3.7%に上昇。フルフィルメントの強化などに取り組み、3年後にEC売上高50億円、EC化率10%をめざす。

2020年5月期のEC売上高の計画は、前の期と比べて50%増の約27億円。EC市場の動向を踏まえ、自社サイトのユーザビリティを改善するほか、SNSや広告媒体などを活用して新規ユーザーを獲得する。

また、 自社物流センターの作業効率を高めるとともに、年間売上高50億円規模に対応できるピッキングや包装、配送などの体制も整える。

ハニーズホールディングスが展開するブランドは25~45歳をターゲットにした「グラシア」、10~50歳代をターゲットにした「シネマクラブ」、15~30歳をターゲットにした「コルザ」がある。

2019年5月期の国内売上高は、前期比4.5%増の486億2500万円だった。中国事業から撤退した影響で、連結売上高は同5.2%減の497億2800万円。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム