よろしければこちらもご覧ください

SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」を提供するフューチャーショップは、会員登録フォームや顧客情報入力フォームに、1画面1質問形式で項目を入力できるようにするオプションサービスを導入した。

たとえば、名前なら名前のみ、メールアドレスならメールアドレスのみを入力する画面を表示する。項目のエラーチェックが完了次第、次の画面に移動し、新たな項目を入力するユーザーインターフェースとなる。

SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」を提供するフューチャーショップは、会員登録フォームや顧客情報入力フォームに、1画面1質問形式で項目を入力できるようにするオプションサービスを導入した
エントリーフォームのイメージ(画像はフューチャーショップのHPからキャプチャ)

サイトの離脱原因となる、新規購入時や非会員の購入時に「入力エラーが1画面に複数出てしまう」「1画面での項目数が多く見える」など、情報量の多さから発生する「ECでのお買い物は難しい」という悩みを解決。

1画面の情報量を減らし、ユーザーは入力中の項目に集中できるようにすることで、確実に入力完了まで誘導する効果と、カゴ落ち改善効果が期待できるとしている。

EC支援のエフカフェが提供するエントリーフォーム最適化ツール「EFOcats」と、フューチャーショップの「futureshop」「futureshop omni-channel」の連携で実現した。エントリーフォーム最適化ツールの導入は特別プラン「EFOcats for futureshop」で提供する。

「EFOcats for futureshop」をテスト的に導入したた「futureshop」利用店舗では123%のカゴ落ちが改善した事例がある。また、「EFOcats」では166%改善した事例も報告されている。(フューチャーショップ)

なお、ユーザーの入力ミスを防ぐために11の入力サポート機能を搭載している。

入力支援、離脱防止機能(画像はフューチャーショップのHPからキャプチャ)

 

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム