よろしければこちらもご覧ください

視聴行動分析サービスを提供するニールセンが10月21日に発表したスマートフォン(スマホ)の利用状況をまとめたレポート「Life with Mobile」によると、スマホでインターネットを利用するユーザーの数は、2013年4月から2014年4月の1年間で4000万人を突破したことがわかった。ネット通販の利用に関しては、スマホで利用するユーザーがパソコンを上回ったとしている。

調査によると、スマホからのインターネット利用者数の推移は、2013年4月から2014年4月の1年間で1172万人(41%)増加し、4000万人を突破した。一方、パソコンでインターネットを利用する人は同期間で522万人減の5205万人。

PCとスマートフォンからのインターネット利用者数推移

ニールセン調査①

10歳代から20歳代のスマホ利用者が多いものの、50歳代は2013年4月時点で比べると、スマホ保有率が2倍となる30%に伸びている。

年代別スマートフォン保有率推移

ニールセン調査②

ニールセンが独自分類した15のカテゴリのうち、半数以上の9カテゴリでスマホからの利用者数がPCからの利用者を超えた。そのなかでは、eコマース、旅行などを挙げている。

スマートフォンからの利用者数がPCの利用者数より多いカテゴリ

ニールセン調査③

ニールセンでは、「インターネットへの入り口がスマホに移行し始めていると言ってよい状況だと考える。マーケティング担当者がさまざまな施策を考える上で、スマホファーストが必須の考え方になっていることを表しているのではないか」としている。

今回の調査は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン・ネットビュー)の3つのデータソースを活用し、2013年4月から2014年4月の1年間でのスマートフォンの利用状況をまとめた。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム