よろしければこちらもご覧ください

今週の要チェックはEC全般カート関連です。EC全般では物流の記事をピックアップしています。ECにおける物流は人間で言うところの血管ですよね。血管が詰まってしまってはすべての機能がストップしてしまいますので、常に気を使っておきたいところです。カート関連の記事はモール関連とも言えます。カート(ASP)かモールかと悩んでいる場合ではなく、モノは共通なので「どっちでも売ればいいじゃん」ということですね。マルチチャネルとは接点を増やすだけではなく、商品を基準にそこから伸びる線をいかに効率良くつなぐか、ということかなと思います。

※記事の難易度を、低い難易度:低から高い難易度:高まで、3段階で示しています。

EC全般

  • 「物流に注力すれば必ず伸びる」…イー・ロジット角井氏インタビュー① | 通販通信
    http://www.tsuhannews.jp/...

  • 「物流に注力すれば必ず伸びる」…イー・ロジット角井氏インタビュー② | 通販通信
    http://www.tsuhancolum.com/...

  • 物流業務を最短2分で簡単アウトソーシング | OPENLOGI
    https://openlogi.com/index.html

    ネット通販業界では、「オムニチャネル」という言葉が話題となっていますが、オムニチャネルはリアル店舗を持つ会社の言葉として捉えている人もいます。 しかし、それだけではありません。ネットショップだけの会社でも、オム二チャネルの要素は持っておく必要があります。 実際に在庫をどこに置いて、どのように配送するか、受注経路をどうするか、その選択が変幻自在にできた方が有利。 当日配送ができる会社、コンビニ留め置きできる会社など、選択肢は当然多くあった方がいい。選択肢を広げるには、自前でできないことが多くあります。

    ネットショップにとって配送は大きな問題ですよね。当日配送どころか即時配送も出てきていますし、届け先も自宅、コンビニ、専用ロッカーなど多様化しています。目まぐるしく変わるニーズに対応するのは自社だけでは無理なので、アウトソーシングも視野に入れていきましょう。
    3つ目のリンクで紹介しているオープンロジさんは商品登録、入庫依頼、荷造り作業、配送依頼など、すべての作業の確認がWeb上で完結してしまうサービスです。

モール関連

  • 集客が先か、商品充実が先か Yahoo!ショッピングがイマイチ盛り上がらない理由 | ECzine
    http://eczine.jp/article/detail/1244

    出店数と商品数が増大し、訪問者数も購買率も上昇傾向にありますが、楽天市場に比べれば、まだまだの数値で、目指すところはもっと先にあります。 集客があってこその売上ですが、商品が充実していないと集客しないという、「鶏が先か、卵が先か」という状態です。

    運営側も店舗側もまだまだやることがあるということですね。複数店舗出店は労力も増えますので、そのあたりも影響しているのかもしれません。

カート関連

  • 発送も代行、ZOZOTOWNと連携した「STORES.jp PRO」とは ─自社ECサイトを瞬時に構築 | Shopping Tribe
    http://shopping-tribe.com/column/11778/

    開発するための初期費用は不要だ。「STORES.jp PRO」でかかる費用は、月額の利用料と倉庫の利用料のみとなる。
    商品が売れた場合には、ZOZOが発送を行ってくれるため、物流面での問題もない。在庫データはZOZOTOWNと連携するため、管理する負担も少ない。
    そして、ZOZOTOWNに出品していれば、すべての写真がZOZOによって撮影済みとなるため、商品撮影も不要だ。

    ZOZOTOWNに出店していれば自社ネットショップがすぐにできるサービスです。扱う商品は楽天だろうがZOZOTOWNだろうが自社ショップだろうがどこでも同じなので、それをキーにして考えるとこういった発想も出てきますよね。
    先にご紹介した物流関連の記事と同様に、 多くのモールが店舗を囲おうとしている中で、商品を囲おうとするこの考え方は、今後主流になってくるのではないかと感じます。

SEO関連

  • Google ペンギンアップデート3.0 傾向と対 | SEMリサーチ
    http://www.sem-r.com/seo/20141021063523.html

    前回のペンギン2.0(2013年)と同様に、古典的なウェブスパム手法を用いたウェブサイトの検索順位が大幅に下落(マイナス10以上)していることを確認したが、今回のペンギン3.0 はそのスパムテクニックの検出アルゴリズムが洗練され、精度が向上したような印象だ。

    テクニックばかり考えているとこういったものに引っかかってしまいます。良いコンテンツを届けることを考えていきましょう。

リスティング広告関連

  • ディスプレイ ネットワークで「デバイスをまたいだ推定コンバージョン」の測定が可能に | Google AdWords 日本版 公式ブログ
    http://adwords-ja.blogspot.jp/2014/10/measuring-more-value-with-estimated.html

    デバイスごとのアクセス数と売れ行きを解析ツールで追っていくと、ピークに時差がある時ってありますよね。来てすぐ買わずにPCやスマホで確認し、買いたい時に買う世の中なので、デバイスをまたいだコンバージョンが分かるとより効果的なリスティング広告運用ができるはずです。

アクセス解析関連

  • 数値につながるレポート作成の方法とは? 小川 卓氏ヒカラボレポート | レバテックタイム
    http://time.levtech.jp/article/a-report-20140916/

    とにかく、考察を見た相手が「状況に応じた対策をして行こう」と思ってくれるようなレポートを書いていくのがポイントです。

    誰かが動くために作るものがレポートです。状況把握ではないのでご注意を。

SNS関連

  • Facebook広告ガイドを完全リニューアル | Facebook for Business
    https://www.facebook.com/business/news/JA-Ads-Guide

    Facebook広告を使っていながらこのページを見たことがない人もいるのでは? 以前に比べてできることが格段に増えていますので時間のある時に見ておきましょう。

スマホ・タブレット関連

  • 落としても・熱いコーヒーをこぼしても平気 ? 軍用規格のハイエンド機「GALAXY S5 ACTIVE」レビュー | インターネットコム
    http://internetcom.jp/allnet/20141022/galaxy-s5-active-review.html

    GALAXY S5 ACTIVE が準拠する MIL-STD-810G(米国国防総省の軍事用規格)の18項目は次の通り。
    「落下」「浸漬」「粉塵」「塩水噴霧」「湿度」「太陽光照射」「振動」「雨滴」「風雨」「氷・低温雨」「熱衝撃(-20~50度)」「高温保管(63度固定)」「高温保管(30~60度)」「高温動作(71度固定)」「高温動作(32~49度)」「低温動作(-51度固定)」「低圧保管」「低圧動作」。

    とんでもない頑丈さです。ピックアップ作業者など現場の人には良いかもしれませんね。あ、コーヒーをこぼしやすい商品登録担当の方も(笑)。

売上アップのヒント

  • 「差別化」ではなく「異質化」。唯一無二のトイレットペーパーを生み出す望月製紙の商品開発秘話 | ネットショップ担当者フォーラム
    https://netshop.impress.co.jp/node/777

    まさに異質化。突き抜けています。

  • 壁ドンでピザが25%オトクに!ドミノ・ピザの「壁ドン割」が期間限定スタート | 週アスPLUS
    http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/267/267573/

    ちなみに、ドミノクルーって女性に限らず男性も多いですよね。ちょっと違ったときめきが生まれちゃいそうです。

    この企画、大丈夫か(笑)。

  • [対談]「ECは感情価値7割」アラタナ濱渦さん × 集客は自動化し「注文が来たら送るだけに」メタップス佐藤さん | ECzine
    http://eczine.jp/article/detail/1233

    楽天市場は10年以上の歴史を持ち、ECは(ネット業界では)古くからあるビジネスではありあますが、Amazonの浸透、リアル小売ビジネスのオムニチャネル、スマホによるアクセス、購買行動の変化など、大きな変化が迫られてもいます。

    ということを感じた1週間でした。

ネット通販業界の最新情報は、こちらも要チェック!

人気記事ランキング | ネットショップ担当者フォーラム

人気記事ランキング
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

森野 誠之

運営堂

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサルタントのポジションを活かしてWeb制作や広告にこだわらず、柔軟で客観的な改善提案を行っている。理系思考&辛口の姿勢とは裏腹に皿洗いを趣味にする二児のパパ。

記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム