ネッ担まとめ

世の中が急激にオンラインにシフトしています。それによって思いもよらないところにチャンスが見えることがありますが、ライバルもどんどん出てきます。落ち着いて状況把握を。

コロナの影響で変化する市場

【緊急】新型コロナ危機をアップデート機会に変えるアイデア・提言を募集します #コロナを危機で終わらせない | 一般社団法人PublicMeetsInnovation(PMI)/note
https://note.com/pmi/n/nea7a25e6247b

“ああああああああああああ”
https://note.com/pmi/n/nea7a25e6247bより編集部でキャプチャ

「集まったアイデア・提言一覧」としてスプレッドシートが公開されています。今後も追加される可能性があるのでチェックしておくと良いでしょう。

起業家30人に聞いた!新型コロナで伸びる市場「コロナ経済カオスマップ」(随時追加4/17更新) | トキワ / グローバル社会起業家/note
https://note.com/sunblaze/n/n75a15059762c

1、新型コロナに最も近い対策「医療現場」の市場。2、次の対策「接触しない」「外出しない」の市場。3、「家にいる」「人と会わない」結果から生まれる新たな市場の3つに分けて市場を分析しています。自分たちがどこにいるのかを見極めた対応が必要です。

コロナの影響で伸びている業界

新型コロナで在庫処分企業ショーイチへの買い取り依頼が3倍に膨張 | WWD JAPAN.com
https://www.wwdjapan.com/articles/1069485

(※アパレル在庫処分大手の)ショーイチがこの2月にアパレルや小売企業から買い取った過剰在庫は、「枚数・金額で昨年2月の3倍。例年3~4月は各社がファミリーセールを開催する時期だが、それが新型コロナの影響でなくなったことで、19年春夏や19-20年秋冬の在庫が数千~数万枚の単位で持ち込まれている」という。

外に出なくなれば着替える必要もおしゃれをする必要もなくなるので、余った商品が在庫処分企業に流れているとのことです。

【食べて応援/買って応援】新型コロナウイルスの影響を受けている全国の事業者を応援できるECサイトまとめ | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/7470

こちらも同じような流れで伸びているというか支援している企業があります。給食や食品業者、生産者で余った食材の通販などが載っています。今までと販路が変わった事例です。全国でこういった動きが見られますので、気づけば競争が激化しているということもあるかも。

新型コロナ禍でさらに勢いを増す越境EC カギを握るのはインフルエンサー施策か? | ECのミカタ
https://ecnomikata.com/ecnews/25704/

越境EC市場としては大きな縮小はなく、今後も拡大が見込まれているとしている。

……との調査ですが、地域によって差がありそうですね。中国は戻りつつあるようですが、欧州とアメリカはまだまだです。タイミングの見極めが大事になりそうです。

この手があったか…! ZARA、新型コロナの影響でモデルも「在宅勤務」→新商品を自撮りで紹介 | BuzFeed
https://www.buzzfeed.com/jp/harunayamazaki/zara-covid19-selfie

こちらはちょっとしたアイデアです。自宅を撮影するのは抵抗があるかもしれませんが、ユーザーとつながり続けるために発信をしていきたいですね。

急激にオンラインにシフトしている業界

スクールやヨガなどのオンラインレッスンが急増、さらなる支援策としてオンラインレッスンの予約・決済の利用用途に対して予約システム Coubic (クービック) を 30 日間無償提供 | ASCII.jp
https://ascii.jp/elem/000/004/009/4009391/

【治療院/フィットネス向けリモート施策】姿勢分析システム「シセイカルテ」が、来店できないお客様もリモートで姿勢分析を可能に!期間限定で無償提供実施。 | ASCII.jp
https://ascii.jp/elem/000/004/009/4009833/

僧侶派遣サービス『やさしいお坊さん』(R)が、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下でもZOOMで法事・法要や相談を僧侶に依頼できるサービス『スマ僧侶』の予約を開始 | ASCII.jp
https://ascii.jp/elem/000/004/009/4009794/

飲み会、保険申し込みからお見合いまで コロナ影響で広がるオンラインサービス | ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2004/17/news048.html

ZOOMでキャバクラ?活路を探る夜の世界 【特集】コロナで変わる夜の世界#1(角間惇一郎) | Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/kakumajunichiro/20200412-00172804/

「オンライン〇〇」とか「Zoom○○」ってよく聞くようになりましたよね。ヨガなどの自宅でできる運動や法事もオンラインになってきています。さらには保険の申し込み、お見合い、キャバクラなどがオンライン化しています。自宅での時間の奪い合いが激化していきそうですね。

飲食店のテイクアウトは当たり前。その先を見据えた動きも

もし新型コロナの影響で閉店を考えた飲食店がオンラインに対応したら | テレワークコム
https://telewo-rk.com/restaurant/1/

テイクアウト/デリバリー受付/前売り食事券、3つの新機能すべて「無償」提供 | ASCII.jp
https://ascii.jp/elem/000/004/009/4009823/

売上激減の外食「デリバリーとテイクアウト頼み」ではやがて限界が来る 入念に準備していても1割以下 | PRESIDENT Online
https://president.jp/articles/-/34546

「テイクアウト」以外の価値の作り方 | 最所あさみ/note
https://note.com/qzqrnl/n/n80453f699648

「出前館」や「Uber EATS」のエリアが拡大していますよね。みなさんの自宅の近くでもテイクアウトを始めた店が多いのでは? しばらくは珍しいので割引も効きますが、その先はどうなるか分かりません。テイクアウトで接点ができたお客さんとLINEなどでつながり続ける施策を使いつつ、新しいアイデアを考えていく必要がありそうです。今までとは違って待っていてはお客さんが来てくれませんから。

中小EC事業者の現実と具体的な対応策

販促・資金繰り・運営体制、そしてこの先…中小ECのための、「コロナ対策」まとめ | ECコンサル坂本のブログ「ECバカ一代」
https://www.commerce-design.net/blog/archives/3888

A.安全確保・体制整備、B.資金繰り対策、C.売上・仕入れ対策、D.「この先」の想定の4つに分けて解説されています。売上が気になりますが、まずは足場固めからですね。超長文なのでどこを抜き出すのか悩みましたが、今後を見据えてここを抜き出しました。

例えば、リモートワークが浸透すると、自宅にミニオフィスを作る動きが加速します。そうなるとまず最初に、以下のようなものが売れますよね。

・PC周辺機器だとWEBカメラやマイク、プリンター、ウイルスソフト、Wi-Fi機器
・インテリア系でも、オフィスチェアやデスクなど大型家具
…が、この後、自宅のミニオフィスで仕事を続けていると、色々な悩みがでてきて、新たな需要が発生することになります。たとえば、

・椅子の座り心地が悪くて腰痛になってしまった、不快・不便だ。 → 腰痛対策したい
・座りっぱなしで足元が冷える → 足元を温めるものが欲しい
・外の音だったり、子供が遊んでいる音が気になる → 音を遮断したい
などなど。

自社で扱っている商品がどのタイミングで役立ちそうかをひたすら考える。分からない場合は、自分たちもその環境になってみたり、他の人に聞いてもいいですね。今まで以上に情報収集力が問われそうです。

配送にも新しい動き

日本郵便、当日の再配達を中止 新型コロナで、ゆうパックなど(共同通信) | Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200415-00000002-kyodonews-soci

今こそ考えたい「置き配」。利便性は? リスクはどう回避する? EC大手の取り組みまとめ | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/7496

ネットに世の中がシフトすれば配送が増えるのは当然。数年前の宅配クライシスが思い出されますね。当時とは違って置き配も普及していますので、配送負荷を減らすためにもネットショップからも告知をしたいところです。配送が遅れるエリアは今後増えてきそうなので、お客さんにはこまめな告知もお忘れなく。

そしてこんな動きも。

我々の想像以上に世の中の動きは早いです。追いかけていくと振り回されますので、ちょっと先を見た対応を考えていきましょう。

今週の名言

私利私欲が一義になってる人は、絶対なれないと思う。

だって…自分のことしか考えてない人のこと、応援したいと思わないですよね?

「みんな、目立ち方を間違えてる」ブランドプロデューサー柴田陽子が語る“指名される人”になる秘訣 | 新R25
https://r25.jp/article/797350896554716040

みんなが大変な時期。誠実でありましょう。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 
記事種別: 

森野 誠之

運営堂

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサルタントのポジションを活かしてWeb制作や広告にこだわらず、柔軟で客観的な改善提案を行っている。理系思考&辛口の姿勢とは裏腹に皿洗いを趣味にする二児のパパ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム