よろしければこちらもご覧ください

SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」のフューチャーショップは、2021年4-6月期の消費者による自社ECサイトの利用状況に関する調査結果を公表した。

4-6月期の流通総額は465億円で前年同期比6.52%増。前年同期はコロナ禍でEC化が急伸、2021年も堅調にEC利用が進んでいる。

「futureshop」シリーズを利用している店舗数は2800店以上。業種別の流通総額は1年以上継続利用している店舗に限定して調査。注文件数の変化などは、調査対象に、2020年と2021年4-6月の期間中、各月の注文件数が100件以上の店舗の中から500店舗を無作為に抽出して調査した。

業種別の伸び率について

業種別の流通総額の変化について、「ゲーム・おもちゃ・ホビー」「医薬品・コンタクト・介護」「水・ソフトドリンク」など前回調査でもEC利用が多いジャンルはEC購入が継続。「ゴルフ用品」「ギフト」などEC利用が加速しているジャンルもあるという。

4-6月期の消費者による自社ECサイトの利用状況に関する調査結果
流通総額上位5業種の前年同期比

注文件数の変化

2021年4-6月の月平均の注文件数は、前年同期比で4.17%増。デバイス全体、スマートフォン経由での注文数は期間を通して前年同月よりも増加した。一方、PC経由は5月と6月の注文数が減少している。

スマートフォン利用は増加傾向で、ECサイトへの流入手段の検討、ECサイト内の導線設計がより重要になってくるとしている。

4-6月期の消費者による自社ECサイトの利用状況に関する調査結果
注文件数の変化

購入単価の変化

パソコンはスマートフォンより2割程度、購入単価が高い傾向が続いている。

4-6月期の消費者による自社ECサイトの利用状況に関する調査結果
購入単価の変化

新規顧客利用状況

自社ECの新規利用は堅調に拡大した。前年同期では2~3倍といった伸び率で新規顧客が増えていたが、コロナ禍のEC特需は一巡したものの、堅調に新規顧客は増えている。

4-6月期の消費者による自社ECサイトの利用状況に関する調査結果
新規顧客利用状況

決済手段の変化

決済方法を「クレジットカード」「ID・QR決済(Amazon Pay、楽天ペイ(オンライン決済)、Apple Pay、PayPay)」「現金・その他決済(店頭払いや後払い、銀行振込やコンビニ払いなど)」の3つにわけ、各月の総注文件数の割合を調べた。

「ID・QR決済」の利用は増加、「クレジットカード」「現金・その他」の利用は前年同期と同水準もしくは減少している。

4-6月期の消費者による自社ECサイトの利用状況に関する調査結果
各月決済手段の割合/件数(調査対象店舗全体)

決済方法を3つとも提供している店舗に限定して(n=327)調査結果では、「クレジットカード」の利用状況は変化なし。「現金・その他」の利用者がわずかだが、「ID・QR決済」に流れている状況となっている。

4-6月期の消費者による自社ECサイトの利用状況に関する調査結果
各月決済手段の割合/件数(3種類の決済手段提供店舗のみ)

 

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]