日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便の宅配便大手3社は、年末年始の配送対応について遅延が生じる恐れがあると公表している。

新型コロナウイルス感染症拡大によるEC需要の増加、帰省による交通渋滞、積雪など天候が影響する可能性があるため。年末年始の配送について3社は、余裕を持った商品の発送を呼び掛けている。

日本郵便

日本郵便は、高速道路の交通渋滞・船舶の運休などで年末年始に最大9日程度の配送遅延が発生する可能性があると公表している。

最大9日程度の遅延発生の可能性があるのは、沖縄県先島諸島・大東諸島(〒906・907・901-38・901-39)に向けて配送する荷物とその地域で引き受けた荷物。ゆうパケット、ゆうパック、航空危険物を含むおそれがある郵便物が対象。

最大5日程度は沖縄県(沖縄県先島諸島・大東諸島)に向けて配送する荷物とその地域で引き受けた荷物。

」沖縄県を除く全国で引き受けた荷物、ならびに配送する荷物について、速達扱いの郵便物やゆうパックなどは半日程度の遅延、その他の郵便物は1日程度遅延する可能性があるという。

日本郵便は、高速道路の交通渋滞・船舶の運休などで年末年始に最大9日程度の配送遅延が発生する可能性があると公表
郵便物・ゆうパックなどの遅延の可能性について

ヤマト運輸

ヤマト運輸は、2021年12月28日(火)~2022年1月4日(火)の期間で遅延が発生する可能性があると公表している。

また、一部の営業所において窓口受付業務の休止や受付時間を短縮する。

佐川急便

佐川急便は、12月1日(水)~2021年1月4日(火)の期間、電話やインターネットで受け付けている集荷依頼は、前日までの連絡するように依頼している。

12月30日(木)~2022年1月4日(火)の期間に配達を希望する場合、「指定日配達シール」を貼付するか、送り状に配達指定日を明記するよう呼び掛けている。

佐川急便は、取り扱荷物の量が増加する年末年始の対応を公表
「指定日配達シール」を貼付時期について

2022年1月1日(土)に受け付けた荷物の営業所・中継センター間の輸送業務は中止。配送は1月3日(月)以降に対応する。

「飛脚ジャストタイム便」は12月11日(土)~2022年1月4日(火)まで、「飛脚国際宅配便」は12月25日(土)~2022年1月4日(火)までサービスの引き受けを中止。「飛脚メール便」「飛脚ゆうメール便」「飛脚電報便」は12月30日(木)~2021年1月4日(火)、サービスの引き受けを停止する。

佐川急便は、取り扱荷物の量が増加する年末年始の対応を公表
一部サービスの引き受け停止期間について
この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]