ユナイテッドアローズは、ECサイトとアプリをリニューアルオープンした。

ZOZOに自社ECの運用を業務委託していた体制から自社運営に移行。システムには日本ユニシスが小売・通販事業者向けに提供するSaaS型のコマース事業基盤「Omni-Base for DIGITALʼATELIER(オムニベース フォー デジタラトリエ)」を採用し、将来的なOMO施策の実現を担保する設計となっている。

自社物流センターにフルフィルメント拠点を置き、各種サービスレベルの改善を通じた顧客体験価値の向上を図っていく。

基本機能の改善では、サイト表示速度の改善や検索アシスト機能による検索性能の向上、セキュリティレベルの向上などを実現。CS(顧客満足度)レベルの向上では、物流センターでの在庫引き当てによる最短配送対象商品の拡大、簡便な返品手続きを提供する。

ユナイテッドアローズは、ECサイトとアプリをリニューアルオープン
検索アシスト機能による検索性能の向上を実現

フルフィルメント拠点を自社物流センターに設置したことで、フリー在庫からの在庫引き当てによる販売機会のロスなど効率的な在庫コントロールを実現。さらに、将来的なOMO施策への発展による店舗在庫も含めた運用の効率化などを図る。

アプリは、従来の買い物機能特化型から、オンラインストアのニュース、特集、各種スタッフコンテンツなどが閲覧可能なコミュニケーション性の高いアプリに移行。顧客との接触頻度を上げていく。商品下げ札についたバーコードを読み込み、商品紹介ページを開くスキャン機能も追加。店頭で気になる商品があった際、スタッフに声掛けしなくても商品詳細が確認でき、そのままお気に入りに保存もできる。

ユナイテッドアローズは、ECサイトとアプリをリニューアルオープン
スキャン機能のイメージ

コスト構造の改善では、SaaS型システムの採用で投資金額を抑制したほか、従来の委託による変動モデルから一部コストの固定化による運営コスト削減などを見込む。実店舗も絡めたOMO施策を段階的に実施するため、実店舗と遜色のないサービスの提供なども可能になるという。バーコード機能を使用した店頭でのアプリ活用など、アプリの利便性向上も図っていく。

オリジナルの包材も開発。段ボールの裏面、クラフトテープ、緩衝材を白で統一、段ボールの表面は古紙100%、緩衝材はポリエステルではなく紙を採用した。ウェア、靴、アクセサリーなどそれぞれの商品特性に応じて梱包パーツや収納方法を見直し、最小限の梱包材でも品質を保持できるようにする。

ユナイテッドアローズは、ECサイトとアプリをリニューアルオープン
「ユナイテッドアローズ オンライン」オリジナル包材

ユナイテッドアローズは自社ECサイトの開発・運営体制の見直しを長年にわたり検討してきた。これまで、EC販売用の在庫はEC業務の委託先倉庫、実店舗で販売予定の在庫は自社物流センターで管理していた。管理されている倉庫が分かれていたため、在庫移動で発生する販売機会のロスやリードタイムの増幅が課題となっていた。

自社物流センターにフルフィルメント拠点を置くことで、これらの課題を解決。ECサイト・アプリの利便性向上と各種サービスレベルの改善を通じた顧客体験価値の向上を実現する。さらに、一括して自社運営化することで売上・利益の伸長をめざす。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]