よろしければこちらもご覧ください

ダイレクトマーケティング支援のトライステージは8月25日、「機能性表示食品制度」において、通販番組制作の実績を基に、効果的な広告表現をアドバイスする「KINO-ad(キノアド)」の提供を開始した。「機能性表示食品制度」の広告考査基準が曖昧なため、機能性表示食品を取り扱う事業者が手探り状態になっていることからサービスの提供を開始した。

同サービスでは、これまで同社が手掛けたテレビ通販番組での表現や、媒体社における広告考査といったノウハウを基に、機能性表示食品やその他健康食品の広告コピーのアドバイスなどを行う。

「機能性表示食品制度」は消費者庁からの認可を受けることで機能性の訴求ができるため、健康食品の通販などを手掛ける企業における取扱が増えており、今後も増加していくことが確実な状況にある。ただ一方で、同制度における行政の広告表示規制基準は明確にはなく、また媒体社の広告考査基準も具体的に示されていないことから、取扱s各社においてどの程度表現できるかを模索している状況にあり、業界団体において新たな自主ルールなどを策定する動きも出てきている(参考記事)。

KINO-ad(キノアド)の概要
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム