よろしければこちらもご覧ください

クレジットカード決済代行のウェブペイは5月28日、決済サービス「WebPay(ウェブペイ)」の決済手数料が2.69%という業界最安値水準となる新プランを、6月1日から提供すると発表した。ウェブペイは数行のコードを入れると決済機能が導入できるなど、開発者からの評価が高いサービス。業界最安値水準の手数料で提供し、利用者を広げていく。

従来、ウェブペイの利用料金は初期費用と月額費用はともに無料で、1取引あたりの決済手数料が3.25%(VISAおよびMasterCard)で提供してきた。新プランは初期費用無料で、月額費用9800円が必要になる一方、決済手数料は2.69%(VISAおよびMasterCard)とし、2つのプランから選択できるようにする。

JCB / American Express / Diners Clubの手数料は、どちらのプランも従来通りの「3.40% + 10円」で提供する。

ウェブペイの久保渓社長は決済手数料を下げた理由について「大規模なECサイトでも利用されるようになってきたため、流通額が高まり手数料を下げることが可能になってきた」と説明。加えて、「これまでの決済サービスは、提供するEC事業者の規模に応じて決済手数料を提案しており、表向きの手数料は安くしないことが多かった。当社ではサービスの透明性を重視しており、どの会社でも同じ手数料で利用できるようにしている。そのため、安価な手数料表示になった」(久保社長)としている。

担当編集者のコメント: 

昨年10月にヤフーが出店料金無料と合わせて、決済手数料を3.25%に引き下げたことことから、現在では、この決済手数料が業界の手数料水準になりつつある。

今回、ウェブペイが発表した決済手数料は大幅な値下げ。この手数料が業界水準になる可能性は低いと考えられる。ただし、業界全体で決済手数料の値下げのバイアスが強まる可能性は高い。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]